> 

小豆(あずき)に関する説明

小豆(あずき)

小豆(あずき)【概要】

小豆(あずき)は栄養保持、脚気、食中毒、酒の飲みすぎなどに

小豆(あずき)は炭水化物のほか、たんぱく質も多く、貴重な植物性たんぱく質源として、昔から栄養保持に役立ってきました。小豆(あずき)にはビタミンA・ビタミンB1・コリン、少量のサポニンも含まれています。

漢方で小豆(あずき)は解毒、利尿、緩下、催吐などの効果があるとして急性腎炎や脚気、食中毒などに用います。これは薬理的に小豆(あずき)に含まれるサポニンの作用と考えられています。ちなみにこの小豆(あずき)の漢方で有名なものに赤小豆湯(しゃくしょうずとう)があります。

民間療法としては、脚気のとき、茹でこぼした小豆(あずき)に炒った糠をまぜて食べるとよいことが知られています。これは小豆(あずき)に含まれるビタミンB1の補給と利尿作用を促すことにより、治療を促進するものです。

食中毒や酒の飲み過ぎで吐き気のあるときは、小豆(あずき)10gをカップ1杯の水で煎じて半量とし、小豆(あずき)のカスをこしたものを、2~3回に分けて温服します。

小豆(あずき)に含まれる健康成分

小豆(あずき)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□小豆(あずき)に含まれる成分(アントシアニン)の効果があると思われるもの
ドライアイ / 動脈硬化 / 抗酸化作用 / 血栓 / 疲れ目(眼精疲労) / 視力 / ・・・もっと見る
□小豆(あずき)に含まれる成分(カリウム)の効果があると思われるもの
痛風 / 食欲不振 / 脳卒中 / 高血圧 / 糖尿病 / 利尿作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□小豆(あずき)に含まれる成分(サポニン)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 薄毛(はげ) / 肥満 / 動脈硬化 / コレステロール / 抗酸化作用 / 血栓 / ・・・もっと見る
□小豆(あずき)に含まれる成分(食物繊維)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 食欲不振 / 健胃作用 / 免疫力強化 / 免疫力改善 / 整腸作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□小豆(あずき)に含まれる成分(ナイアシン)の効果があると思われるもの
肌荒れ・ニキビ / 薄毛(はげ) / 不眠症 / 二日酔い / 脳 / 糖尿病 / 精神安定 / ・・・もっと見る
□小豆(あずき)に含まれる成分(パントテン酸(ビタミンB5))の効果があると思われるもの
風邪(かぜ) / ストレス / 疲労回復 / 薄毛(はげ) / ・・・もっと見る
□小豆(あずき)に含まれる成分(ビタミンF)の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / コレステロール / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□小豆(あずき)に含まれる成分(ビタミンB6)の効果があると思われるもの
爪 / アトピー性皮膚炎 / 抜け毛 / 不眠症 / 美肌 / 美白 / 花粉症 / ・・・もっと見る
□小豆(あずき)に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□小豆(あずき)に含まれる成分(フェニルアラニン)の効果があると思われるもの
関節痛 / うつ病 / 記憶力向上 / ・・・もっと見る
□小豆(あずき)に含まれる成分(モリブデン)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / 疲労回復 / 貧血 / ・・・もっと見る
□小豆(あずき)に含まれる成分(葉酸)の効果があると思われるもの
妊娠 / 血行促進 / 血栓 / 動脈硬化 / 貧血 / 口内炎 / 薄毛(はげ) / ・・・もっと見る
□小豆(あずき)に含まれる成分(ロイシン)の効果があると思われるもの
食欲増進 / 疲労回復 / 筋肉疲労 / 肝機能(肝臓) / 筋肉強化(筋力強化) / ・・・もっと見る
■小豆(あずき)についてもっと調べる
下の検索フォームに小豆(あずき)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「小豆(あずき) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加