> 

ハモ(はも)に関する説明

ハモ(はも)

ハモ(はも)【概要】

ハモ(はも)は体はうなぎに似て細長く、大きいものは全長約2mに達します。ハモ(はも)は鋭い歯でかみつく習性があるので、漁師にも恐れられている魚です。ハモ(はも)は本州中部以南の暖海に分布し、沿岸の浅い海に住みます。ハモ(はも)の産卵期は5~8月が旬。

ハモ(はも)の重さは1尾=約600g

ハモ(はも)の栄養成分に関してですが、ハモ(はも)は白身の魚ですが、脂質の含有量が多く、脂溶性ビタミン、特にAを豊富に含みます。その他カルシウム、鉄などがハモ(はも)には含まれます。

ハモ(はも)の料理に関しては、ハモ(はも)は主に関西で賞味され、特に京都では珍重されます。ハモ(はも)小骨が多いので、開いて骨切りをしてから調理する必要があります。さっと熱湯に通して梅肉じょうゆで食べるのがハモ(はも)の代表的食べ方です。ほかにハモ(はも)の刺身、てんぷら、照り焼き、わん種、押しずしなどにされることが多くあります。ハモ(はも)にはうま味があるので、上等の練り製品の原料としても使われる。

ハモ(はも)に含まれる健康成分

ハモ(はも)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ハモ(はも)に含まれる成分(DHA(ドコサヘキサエン酸))の効果があると思われるもの
心筋梗塞 / 髪の毛 / 血液サラサラ / 集中力を高める / 気管支喘息 / 脂質異常症 / 脳機能の活性化 / ・・・もっと見る
□ハモ(はも)に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□ハモ(はも)に含まれる成分(ビタミンD)の効果があると思われるもの
骨盤 / アンチエイジング / 歯 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 前立腺ガン(前立腺癌) / インフルエンザ / ・・・もっと見る
■ハモ(はも)についてもっと調べる
下の検索フォームにハモ(はも)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ハモ(はも) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加