> 

干し椎茸(干ししいたけ)に関する説明

干し椎茸(干ししいたけ)

干し椎茸(干ししいたけ)【概要】

干し椎茸とは生しいたけを、天日または温風乾燥したものです。干し椎茸の主産地は宮崎、大分などです。干し椎茸は収穫時期によって銘柄が異なります。冬茹(どんこ)は、晩冬から初春にかけて低温で育ったきのこを傘が開く前に収穫したもので干し椎茸の最高級品です。香信(こうしん)は、春から秋にかけて急速に成長して傘が開いたきのこを収穫したもので、冬茹より品質が劣る干し椎茸です。

干し椎茸特有の香り成分はレンチオニンによるものです。また干し椎茸のうま味成分はグアニル酸とグルタミン酸です。

干し椎茸は湿気を含むと傘の裏側が褐色になり、香りが悪くなりますのでご注意ください。干し椎茸を保存する場合には密封容器に乾燥剤とともに入れておくとよいです。干し椎茸を保存する際はかびや虫の害にも注意してください。

干し椎茸の重さは1個2~5g程度です。干し椎茸を料理に使用する場合は水につけてもどし、日本料理や中国料理の汁物、いため物、煮物、炊き込み御飯などに利用できます。

干し椎茸(干ししいたけ)に含まれる健康成分

干し椎茸(干ししいたけ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□干し椎茸(干ししいたけ)に含まれる成分(グルカン)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / コレステロール / 免疫力強化 / 整腸作用 / 便秘 / 肥満 / 気管支喘息 / ・・・もっと見る
□干し椎茸(干ししいたけ)に含まれる成分(ナイアシン)の効果があると思われるもの
肌荒れ・ニキビ / 薄毛(はげ) / 不眠症 / 二日酔い / 脳 / 糖尿病 / 精神安定 / ・・・もっと見る
□干し椎茸(干ししいたけ)に含まれる成分(ビタミンD)の効果があると思われるもの
骨盤 / アンチエイジング / 歯 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 前立腺ガン(前立腺癌) / インフルエンザ / ・・・もっと見る
□干し椎茸(干ししいたけ)に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□干し椎茸(干ししいたけ)に含まれる成分(マンガン)の効果があると思われるもの
気管支喘息 / 肝機能(肝臓) / 糖尿病 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ・・・もっと見る
■干し椎茸(干ししいたけ)についてもっと調べる
下の検索フォームに干し椎茸(干ししいたけ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「干し椎茸(干ししいたけ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加