> 

アガリクス茸に関する説明

アガリクス茸

アガリクス茸【概要】

アガリクス茸は免疫力を高めて健康を増進、ガン予防にも期待される食物です。

アガリクス茸は、学名を「アガリクス・ブラゼイ」といい、ヒメマックケ、カワリバラタケとも呼ばれるキノコである。

アガリクス茸の原産地はブラジルのピエダーテ山脈地方だが、現在では日本国内、中国でも栽培されるようになった。

アガリクス茸には免疫力を高めるのに有用な成分がたくさん含まれており、これまでにも盛んに研究が行われている。

なかでも注目されるのがガン(癌)に対する効果で、ガン細胞の縮小や消失などの研究報告が多数出されており、ガンの予防や治療に効果が期待できるキノコとして注目されている。

アガリクス茸に含まれる健康成分

アガリクス茸に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□アガリクス茸に含まれる成分(グルカン)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / コレステロール / 免疫力強化 / 整腸作用 / 便秘 / 肥満 / 気管支喘息 / ・・・もっと見る
□アガリクス茸に含まれる成分(ビタミンD)の効果があると思われるもの
骨盤 / アンチエイジング / 歯 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 前立腺ガン(前立腺癌) / インフルエンザ / ・・・もっと見る
■アガリクス茸についてもっと調べる
下の検索フォームにアガリクス茸について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「アガリクス茸 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加