> 

菜の花に関する説明

菜の花

菜の花【概要】

菜の花(なのはな)は実際は菜花(なばな)と言われています。菜の花は元来はあぶらなの花を指したが、現在ではアブラナ科の野菜の中で、茎と葉を利用するものの総称を指します。

菜の花(菜花)には在来種と西洋種があり、在来種は若いつぼみを、西洋種は茎と葉を用います。

菜の花(菜花)の栄養成分としてはカルシウム、鉄、カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCを多く含んでいます。

菜の花(菜花)はほろ苦く、独特の香りがあります。菜の花(菜花)を料理するならばゆでて辛子あえ、ごまあえ、おひたしが有名です。その他、菜の花(菜花)はてんぷらや汁の実などにもよく合います。花菜漬(はななづけ、菜の花漬)は京都や滋賀の菜の花(菜花)を使った名物です。

菜の花に含まれる健康成分

菜の花に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□菜の花に含まれる成分(イソチオシアネート)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / 胃潰瘍 / ・・・もっと見る
□菜の花に含まれる成分(食物繊維)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 食欲不振 / 健胃作用 / 免疫力強化 / 免疫力改善 / 整腸作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□菜の花に含まれる成分(スルフォラファン)の効果があると思われるもの
解毒作用 / 抗酸化作用 / ストレス / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□菜の花に含まれる成分(ビタミンE)の効果があると思われるもの
肝班 / 頭痛 / 爪 / 気管支喘息 / アルツハイマー / 白内障 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□菜の花に含まれる成分(ビタミンK)の効果があると思われるもの
骨盤 / 歯茎 / 痔 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ・・・もっと見る
□菜の花に含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
気管支喘息 / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 胃 / 風邪(かぜ) / 花粉症 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□菜の花に含まれる成分(葉酸)の効果があると思われるもの
妊娠 / 血行促進 / 血栓 / 動脈硬化 / 貧血 / 口内炎 / 薄毛(はげ) / ・・・もっと見る
■菜の花についてもっと調べる
下の検索フォームに菜の花について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「菜の花 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加