> 

なまこ(ナマコ)に関する説明

なまこ(ナマコ)

なまこ(ナマコ)【概要】

なまこ(ナマコ)は滋養、新陳代謝の促進などに

なまこ(ナマコ)は見た目が悪く敬遠する人が多いのですが、酢の物のつるりとした感触は冬の味として代表的な逸品です。なまこ(ナマコ)の内臓の塩辛は「このわた」として珍重されます。

中国では陸の高麗人参のように滋養補血作用の効果があるところからなまこ(ナマコ)を「海参」と呼んでいます。日本では生のなまこ(ナマコ)を酢のもにしますが、中国ではなまこ(ナマコ)を乾燥させたものを一昼夜水につけて柔らかくして使います。

なまこ(ナマコ)は腸の老廃物を追い出し腎臓の機能促進の働きもあるため新陳代謝が良くなる傾向があるようです。中国でなまこ(ナマコ)は滋養強壮作用があると言われている高級食材ですが、基本的には大部分の肉がコラーゲン組織からなる結合組織で栄養的価値は殆ど無いようです。中国でなまこ(ナマコ)が滋養強壮作用があるとされるのは干しなまこ(ナマコ)というところに秘密があるのかもしれません。

生のなまこ(ナマコ)は、内臓を抜いてから塩を振り、しごくようにしてヌメリをとります。それからなまこ(ナマコ)を薄く切って酢のもの、あるいは、おろし和えがいいでしょう。

なまこ(ナマコ)に含まれる健康成分

なまこ(ナマコ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□なまこ(ナマコ)に含まれる成分(コラーゲン)の効果があると思われるもの
保湿 / 爪 / 抜け毛 / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / 疲れ目(眼精疲労) / 薄毛(はげ) / ・・・もっと見る
■なまこ(ナマコ)についてもっと調べる
下の検索フォームになまこ(ナマコ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「なまこ(ナマコ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加