> 

さんま(秋刀魚)に関する説明

さんま(秋刀魚)

さんま(秋刀魚)【概要】

さんま(秋刀魚)は秋刀魚という名のとおり、体は細長く、全長30~40cmで体色は青黒色、腹部は銀色をしています。さんま(秋刀魚)は北太平洋に多く分布し、産卵のために沿岸によってくる10月頃が旬です。

さんま(秋刀魚)はいわし、さばとともに代表的な赤身の魚です。さんま(秋刀魚)は季節や大きさによって成分が大きく変動します。特にさんま(秋刀魚)の脂質は旬の大型魚で20~25g、小型魚は5g程度で、一般的に書かれる成分表の数値は平均値であることが多いです。さんま(秋刀魚)の栄養成分としては脂溶性、ビタミン、不飽和脂肪酸を豊富に含みます。さんま(秋刀魚)の血合い肉にはビタミンB12が多いです。

さんま(秋刀魚)の重さは中1尾約120~140gです。

美味しいさんま(秋刀魚)の見分け方は腹部が銀色に輝いているものが新鮮で、尾のつけ根が黄色みをおびたものは脂がのっています。さんま(秋刀魚)は塩焼き、かば焼き、さんま飯などに用いられます。さんま(秋刀魚)の煮魚は、醤油や山椒の香りをきかせるとより美味しくなります。

その他のさんま(秋刀魚)の代表的な料理方法は以下のようなものがあります。

○ 塩さんま
さんま(秋刀魚)の保存は、古くから塩さんまとして塩蔵が行われてきました。さんま(秋刀魚)を開きにせずに塩蔵したもので、塩分量が多い。最近は冷凍保存されるため、塩さんまは少なくなっています。

○さんま(秋刀魚)の 開き干し
背開きにしたさんま(秋刀魚)に塩味をつけて乾燥させたもので、冷凍さんまを原料として作られることも多いです。

○さんま(秋刀魚)のみりん干し
背開きのさんま(秋刀魚)を食塩、しょうゆ、みりん、水あめ、砂糖などの調味料につけてから乾燥させたものです。いわしのみりん干しにならってつくられるようになりました。

○さんま(秋刀魚)の缶詰
水煮、味付け、トマト漬け、かば焼きなどがあります。

さんま(秋刀魚)に含まれる健康成分

さんま(秋刀魚)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□さんま(秋刀魚)に含まれる成分(コラーゲン)の効果があると思われるもの
保湿 / 爪 / 抜け毛 / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / 疲れ目(眼精疲労) / 薄毛(はげ) / ・・・もっと見る
□さんま(秋刀魚)に含まれる成分(DHA(ドコサヘキサエン酸))の効果があると思われるもの
心筋梗塞 / 髪の毛 / 血液サラサラ / 集中力を高める / 気管支喘息 / 脂質異常症 / 脳機能の活性化 / ・・・もっと見る
□さんま(秋刀魚)に含まれる成分(ビタミンB6)の効果があると思われるもの
爪 / アトピー性皮膚炎 / 抜け毛 / 不眠症 / 美肌 / 美白 / 花粉症 / ・・・もっと見る
□さんま(秋刀魚)に含まれる成分(ビタミンD)の効果があると思われるもの
骨盤 / アンチエイジング / 歯 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 前立腺ガン(前立腺癌) / インフルエンザ / ・・・もっと見る
□さんま(秋刀魚)に含まれる成分(ビタミンB12)の効果があると思われるもの
足のしびれ / 美肌 / 美白 / ストレス / 精神安定 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
■さんま(秋刀魚)についてもっと調べる
下の検索フォームにさんま(秋刀魚)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「さんま(秋刀魚) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加