> 

キササゲ(木大角豆)に関する説明

キササゲ(木大角豆)

キササゲ(木大角豆)【概要】

  • キササゲは河川わきなどに生えている落葉高木。
  • 古くから漢方や民間療法に使われる。
  • 利尿効果が有名で、腎臓にも効果的と言われる。

キササゲ(木大角豆)は中国原産で古くから日本の温暖な地方で自生するノウゼンカズラ科の落葉樹です。河川わきなどに生えているのをよく見かけます。

キササゲは古い時代に中国から渡来し、民間療法に使われてきました。民間薬として普及したのは江戸時代に始めといわれています。浮腫(むくみ)によく効くとして、かつては漢方医や漢方薬局の家庭などによく植えられていました。神社やお寺ではいまでもよく見かけます。キササゲを植えると雷が落ちないと言う迷信があります。

キササゲを民間療法や漢方で利用する場合は果実を使います。果実は熟すとはじけてしまいますので、熟す一歩手前で採取します。9月下旬~10月上旬が採取する適期です。

木大角豆の主な成分や効果・効能

キササゲのさやの部分には利尿作用のある無機質のカリウム塩を含みます。果実にはクエン酸、イリドイド配糖体のカタルポシドを多量に含みますが、カタルポシドには強い利尿作用があります。

具体的には次のような効能や効果が期待できます。

  • 利尿作用があり、腎臓病全般に効果がある。
  • 脚気の浮腫(むくみ)。
  • 腹膜炎
    ※生の葉をよくもんで患部にはりつけ、乾いたらはりかえる。
  • はれものの濃の吸いだしに

民間療法における使い方

採取したキササゲの果実をさやがついたまま日に当たるところで、充分乾燥させ、適当にきざみます。

1日量10~20gを水300ccで半分量になるまで煎じ、1日3回にわけて食間に服用します。

キササゲ(木大角豆)に含まれる健康成分

キササゲ(木大角豆)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

■キササゲ(木大角豆)についてもっと調べる
下の検索フォームにキササゲ(木大角豆)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「キササゲ(木大角豆) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加