> 

烏骨鶏(うこっけい)に関する説明

烏骨鶏(うこっけい)

烏骨鶏(うこっけい)【概要】

  • 烏骨鶏(うこっけい)は栄養豊富な薬用鶏。
  • 特に疲労回復に効果的。
  • 妊婦や生理不順の改善にも効果があるとされる。

烏骨鶏(うこっけい)はキジ科のニワトリの一種です。鶏冠は紫色ですが、皮膚、脚、くちばし、肉や骨まで黒いのが特徴です。全身が柔かい糸状の絹糸羽に覆われていて、一般の鶏よりは小型で性格は温順です。

烏骨鶏の原産地は中国江西省泰和県で、明代に飼育改良された唯一の薬用鶏とされています。現在では世界各地で飼育されており、日本には江戸時代に渡来、関東地方ではウコッケイ、関西地方ではウケコと呼ばれ、天然記念物に指定されています。

中国の「本草綱目(ほんぞうこうもく)」にも「烏骨鶏は毛が白くて骨が黒いものと、毛が斑で骨が黒いものとがある。また、骨、肉ともに黒いものと、肉が白くて骨が黒いものとがあるが、舌の黒いものは肉、骨ともに黒く薬にしてさらに良好である」と記載されています。

ウコッケイの主な栄養成分

ウコッケイの栄養成分としてはタンパク質、メラニン色素、脂肪、炭水化素、無機塩などが含まれています。

うこっけいの主な効能や効果

烏骨鶏は次のような症状に効果的と言われています。

  • 疲労回復
  • 虚弱体質
  • 慢性胃炎
  • 帯下などの婦人病
  • 妊婦の健康維持

虚弱体質、結核などの慢性病による体力の低下、慢性胃炎には、肉や骨を煮て食べると効果があります。しかし烏骨鶏は皮がかたいので、火を通す時間を長くして充分に煮込みます。

また、烏骨鶏の肉や卵は内臓の諸器官を暖め、疲労回復に効果があるとされています。

さらに女性の健康維持にも効果的で、婦人の帯下や妊婦の胎動にもよいといわれています。女性特有の生理不順をととのえる作用もあるとされます。

烏骨鶏の調理ポイント

烏骨鶏を調理する場合は次の点に留意してください。

  • 烏骨鶏は鶏肉に比べて皮がかたいので、火を通す時間を長くする。
  • 薬膳料理として用いられ、腹の中に種々の生薬を入れて煮込む料理が一般的です。

烏骨鶏(うこっけい)に含まれる健康成分

烏骨鶏(うこっけい)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

■烏骨鶏(うこっけい)についてもっと調べる
下の検索フォームに烏骨鶏(うこっけい)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「烏骨鶏(うこっけい) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加