> 

豆苗に関する説明

豆苗

豆苗【概要】

  • 豆苗とはえんどう豆の若芽をつみとった中国野菜。
  • 豆苗は一般的な緑黄色野菜と比べて栄養が豊富。
  • 豆苗は炒めものにするとβカロテン(ビタミンA)を吸収しやすくなる。

豆苗とはえんどう豆の若芽をつみとったマメ科の野菜です。豆苗は中国野菜で、トウミャオと呼ばれることもあります。中国では豆苗専用の品種もあります。近年、豆苗は植物工場などで安定生産が可能となり日本でも市場に出回ることが多くなりました。

豆苗の芽は大きくて茎はやわらかく、味は少し苦味があるのと独特のにおいが特徴で、栄養分も豊富に含まれています。

豆苗の効能・効果・栄養成分

豆苗はβカロテンビタミンCビタミンEビタミンKなどが多く、栄養バランスがよい食材です。これらの栄養はほうれん草小松菜など一般的な緑黄色野菜と比べても多く、特にβカロテンはほうれん草の約1.2倍となっています。

その他、豆苗はマメ科の野菜なので、たんぱく質や炭水化物も比較的多く含みます。

豆苗の料理用法

豆苗は妙め物、お浸し、スープなどに使われます。やわらかいので、火をあまり通す必要がありません。

豆苗は油妙めにすることが多いのですが、βカロテンが体内で変化してできるビタミンAは、油との相性がよい脂溶性ビタミンです。妙め物だと、効率よくビタミンAを吸収することができると言えます。

豆苗の選び方

豆苗は購入するときには、葉の色が濃い緑の物で大きさが3cm以下のものを目安とするとよいでしょう。葉が大きくなりすぎるとかたくなります。

豆苗に含まれる健康成分

豆苗に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□豆苗に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□豆苗に含まれる成分(ビタミンE)の効果があると思われるもの
肝班 / 頭痛 / 爪 / 気管支喘息 / アルツハイマー / 白内障 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□豆苗に含まれる成分(ビタミンK)の効果があると思われるもの
骨盤 / 歯茎 / 痔 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ・・・もっと見る
□豆苗に含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
アルツハイマー / 視力 / ドライアイ / アンチエイジング / 疲れ目(眼精疲労) / 疲労回復 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
■豆苗についてもっと調べる
下の検索フォームに豆苗について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「豆苗 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加