> 

アマチャヅル茶に関する説明

アマチャヅル茶

アマチャヅル茶【概要】

  • アマチャヅル茶とは日本中のどこにでも生えているアマチャヅルを煎じたものです。
  • アマチャヅル茶は多種類のサポニンを含んでいます。
  • アマチャヅル茶は動脈硬化予防やストレス緩和の効果が期待できます。

アマチャヅル茶とは乾燥させたアマチャヅルを煎じた飲料のことです。アマチャヅルとは日本中のどこにでも生えているウリ科アマチャヅル属の植物です。

アマチャヅル茶は1977年、薬効のあることが日本生薬学会で発表された際、健康食品としてブームになったことがあります。

アマチャヅルは生命力が強いため、地域を選ばず家庭でも簡単に栽培できます。

アマチャヅル茶の栄養成分と効能・効果

アマチャヅル茶は成分に高麗人参の有効成分でもあるサポニンが多く含まれるのが特徴です。アマチャヅル茶に含まれるサポニンは非常に多くの種類があり、その数70種類とも言われます。これは高麗人蔘よりも多種類のサポニンを含んでいることになります。

サポニンは血液中のコレステロール中性脂肪を減らしたり、過酸化脂質の生成を抑制する効能があることから高血圧動脈硬化予防に効果があるとされます。

またアマチャヅル茶に含まれるサポニンは鎮静作用やストレスを緩和する効能があると言われています。その他にもアマチャヅル茶には不眠症改善、疲労回復アンチエイジングなどのほか胃潰瘍糖尿病などの予防作用が期待されます。

アマチャヅル茶は全般的に生活習慣病が気になる人におすすめのお茶と言えます。

アマチャヅル茶の利用法

4~11月に葉や茎を採取し、水洗いして天日によく干します。適度に乾燥したら、約500mlの熱湯に3~5gぐらい入れ、弱火で15分間ほど煎じ、お茶の感覚で飲用します。

アマチャヅル茶に含まれる健康成分

アマチャヅル茶に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□アマチャヅル茶に含まれる成分(サポニン)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 薄毛(はげ) / 肥満 / 動脈硬化 / コレステロール / 抗酸化作用 / 血栓 / ・・・もっと見る
■アマチャヅル茶についてもっと調べる
下の検索フォームにアマチャヅル茶について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「アマチャヅル茶 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加