> 

タチウオ(太刀魚)に関する説明

タチウオ(太刀魚)

タチウオ(太刀魚)【概要】

  • タチウオ(太刀魚)にはEPA・DHAが豊富。
  • βカロテンとビタミンEを一緒に摂って記憶力UP。
  • タチウオ(太刀魚)表皮は模造真珠に。

太刀に似た姿から、タチウオ(太刀魚)という名がつけられたといいます。平たく細長い形で、ウロコはなく、表皮は銀色の粉(グアニンによる)に輝き、1mにもなる大型の魚です。

日本では、北海道から西日本、東シナ海まで広く分布して、群をなして大移動しながら生息しています。タチウオ(太刀魚)の全身を包んでいる銀色の粉は模造真珠に使われています。

タチウオ(太刀魚)の栄養成分と効能・効果

目立った栄養素はみられませんが、比較的多い脂肪には、動脈硬化心筋梗塞の予防に役立つEPA記憶力や集中力を高め、ボケ防止も有効なDHAが含まれています。旬は脂ののった夏で、そのころがEPA・DHAも増加しています。

そのほかには、ビタミンAビタミンDも含まれます。ビタミンAは皮膚や粘膜の健康に欠かせません。ビタミンDは、カルシウムへの定着に必要などタミンです。

タチウオ(太刀魚)に期待される効能

動脈硬化
風邪
の強化
の強化
疲労回復
精神安定

タチウオ(太刀魚)の主な栄養素(100g中含有量)

ビタミンD 14ug
ナイアシン 3.9mg
DHA 1400mg
EPA 970mg

※カロリー 226kcal

タチウオ(太刀魚)の調理のポイント

刺し身、塩焼きが一番といわれる魚ですが、洋風・韓国風にも合う食材です。韓国
風なら、にんにくねぎごま赤唐辛子・酒・砂糖・しょうゆごま油のタレにつけてから焼き、つけ汁をからませて仕上げる料理。洋風なら、にんにくをきかせてトマト煮込みなどがおいしい。

タチウオ(太刀魚)の選び方と保存

初春から夏。もっとも脂がのって旨いのは夏。銀色の表皮が鏡のように輝いていて、皮のグアニン質が鮮明で傷がないこと。身が固いもので、1m前後のものが美味です。切り身の場合も同様で、表皮のチェックをしてください。

タチウオ(太刀魚)に含まれる健康成分

タチウオ(太刀魚)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□タチウオ(太刀魚)に含まれる成分(イコサペンタエン酸(IPA))の効果があると思われるもの
高血圧 / 心筋梗塞 / 脳血栓 / 動脈硬化 / コレステロール / 高脂血症(脂質異常症) / 髪の毛 / ・・・もっと見る
□タチウオ(太刀魚)に含まれる成分(EPA(エイコサペンタエン酸))の効果があると思われるもの
髪の毛 / 血液サラサラ / 集中力を高める / アトピー性皮膚炎 / 脂質異常症 / 花粉症 / 動脈硬化 / ・・・もっと見る
□タチウオ(太刀魚)に含まれる成分(DHA(ドコサヘキサエン酸))の効果があると思われるもの
心筋梗塞 / 髪の毛 / 血液サラサラ / 集中力を高める / 気管支喘息 / 脂質異常症 / 脳機能の活性化 / ・・・もっと見る
□タチウオ(太刀魚)に含まれる成分(ナイアシン)の効果があると思われるもの
肌荒れ・ニキビ / 薄毛(はげ) / 不眠症 / 二日酔い / 脳 / 糖尿病 / 精神安定 / ・・・もっと見る
□タチウオ(太刀魚)に含まれる成分(ビタミンD)の効果があると思われるもの
骨盤 / アンチエイジング / 歯 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 前立腺ガン(前立腺癌) / インフルエンザ / ・・・もっと見る
■タチウオ(太刀魚)についてもっと調べる
下の検索フォームにタチウオ(太刀魚)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「タチウオ(太刀魚) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加