> 

トマトに関する説明

トマト

トマト【概要】

トマトは日本では明治以降食用として使われ始め、20世紀に入ってから広く普及しました。

トマトの品種には酸味やにおいが少ない桃太郎のほか、甘味が強いフルーツトマト、ひとロサイズのミニトマトなど、味わい、形がさまざまです。

トマトの栄養成分と効果・効能

トマトは微量栄養素を皇宮に含む生活習慣病予防の味方

トマトはカロテンやビタミンCは、にじんやほうれん草よりも少ないのですが、葉物野菜に比べると、生でも一度にたくさん食べられます。

トマトで特筆すべきなのは、リコピン、ルチン、ビオチンのような微量栄養素が含まれていることです。

リコピンはトマトの赤い色素で、抗酸化作用はβカロテンよりも強いと言われ、抗がん作用や老化予防が期待されています。加熱に強く、妙めたり、煮たりしても、抗酸化作用が低下しないという点も魅力です。

ルチンは毛細血管を強くして、血圧を安定させたり、動脈硬化を予防すると言われます。ビオチンはビタミンCといっしょに、肌を健康に保つ働きがあるとされています。

トマトの酸味はクエン酸です。酸味が強いので、食欲を増進させたり、料理をさっぱりとした味わいにします。

ほかに、トマトには二日酔いに効く、胃をすっきりさせるといった作用があるとも言われています。

トマトの料理方法・調理ポイント

トマトはそのまま食べたり、サラダ、ジュース、煮込み料理や妙め物など、幅広い調
理法で楽しめます。加熱すると甘味が強くなります。

トマトを生で食べる場合は、湯むき(熱湯に十数秒入れて冷水にとり、丸ごと皮をむく)することもあります。

トマトの選び方

トマトは持ったときに重く、ヘタの緑色が濃く、痛いくらいピンとしているものが新鮮です。

トマトに含まれる健康成分

トマトに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□トマトに含まれる成分(アルファリポ酸(αリポ酸))の効果があると思われるもの
抗酸化作用 / アンチエイジング / 美肌 / 肥満 / 痴呆症 / 肝機能(肝臓) / 冷え性 / ・・・もっと見る
□トマトに含まれる成分(イノシトール)の効果があると思われるもの
肝機能(肝臓) / 脂肪肝 / 肥満 / ・・・もっと見る
□トマトに含まれる成分(オスモチン)の効果があると思われるもの
メタボリック・シンドローム / 動脈硬化 / 高血圧 / 糖尿病 / ・・・もっと見る
□トマトに含まれる成分(カロテノイド)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 抗酸化作用 / アンチエイジング / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□トマトに含まれる成分(グルタミン(L-グルタミン))の効果があると思われるもの
体力強化 / 免疫力改善 / 免疫力強化 / 胃腸病 / 胃 / 肝機能(肝臓) / 肝臓 / ・・・もっと見る
□トマトに含まれる成分(ビタミンP)の効果があると思われるもの
高血圧 / 血管強化 / 健胃作用 / ・・・もっと見る
□トマトに含まれる成分(フラクトオリゴ糖)の効果があると思われるもの
肥満 / 便秘 / 動脈硬化 / 整腸作用 / 虫歯 / ・・・もっと見る
□トマトに含まれる成分(リグニン)の効果があると思われるもの
整腸作用 / 善玉コレステロール / おなら / ・・・もっと見る
□トマトに含まれる成分(リコピン)の効果があると思われるもの
前立腺ガン(前立腺癌) / ガン(癌) / 心臓病(心疾患) / 高血圧 / アンチエイジング / 動脈硬化 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
■トマトについてもっと調べる
下の検索フォームにトマトについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「トマト 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加