> 

プルーンに関する説明

プルーン

プルーン【概要】

プルーンとは西洋スモモのことで、古くローマ時代から薬用として用いられてきた果実である。

プルーンの有効成分と効果・効能

プルーンの主成分の水溶性食物繊維ペクチンの働きにより、緩下・整腸作用があるため便秘が改善されるという。

また、プルーンに豊富に含まれるビタミンAが目の網膜機能を高め、夜盲症や眼病一般の予防、症状の改善にも効用がある。

さらに、ビタミンAには皮膚の乾燥や角質化を防ぐ働きがあり、うるおいのある肌を保つのにも役立つ。

そのほかにもプルーンには鉄や、日本人に不足しがちといわれるカリウムも多く含んでいることから、貧血予防や改善にも高い効用が認められている。

プルーンにもブルーベリーエキスと同じようにポリフェノール類が多量に含まれている。その代表ネオクロロゲンは、ブルーベリーのように目に直接効くような成分ではないが、抗酸化作用による生活習慣病やガンの予防に効果が期待できる。

プルーンの食べ方・摂取方法

プルーンには、実を乾燥させたドライプルーンと、それを加水抽出して濃縮したプルーンエキスがある。

エキスに精製されると、ビタミンAや食物繊維が失われるため、ドライプルーンのはうが効き目が高い。

便秘改善には水分も多めに摂ることをおすすめしたいが、少しずつ続けることが肝要。

化学薬品のような習慣性はまったくないので、貧血や便秘に悩む女性には適したサプリメントのひとつだろう。

プルーンの副作用・注意点

プルーンは摂りすぎると下痢をしてしまうので注意が必要。摂取量の目安は、プルーンエキスなら1日100g以下が適量とされ、30~50gなら下痢の心配はないとされている。

ただし、カリウムの含有量が多いため、腎臓疾患のある人は、医師に相談してからの利用をおすすめする。

カリウムにはナトリウムの排泄を助ける働きがあり、利尿作用もあることから、一
般的には腎臓病によいと認識されがちだが、腎臓疾患にもさまざまなタイプがあることを認識しておこう。

例えば、体の中で!たくさんの尿が製造されても排尿困難になるなどの障害が考えられるからである。

プルーンに含まれる健康成分

プルーンに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□プルーンに含まれる成分(カリウム)の効果があると思われるもの
痛風 / 食欲不振 / 脳卒中 / 高血圧 / 糖尿病 / 利尿作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□プルーンに含まれる成分(カルシウム)の効果があると思われるもの
胃酸過多 / わきが(腋臭) / 爪 / 妊娠 / 肩こり / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 歯 / ・・・もっと見る
□プルーンに含まれる成分(食物繊維)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 食欲不振 / 健胃作用 / 免疫力強化 / 免疫力改善 / 整腸作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□プルーンに含まれる成分()の効果があると思われるもの
髪の毛 / 血管強化 / 爪 / 慢性疲労 / 冷え性 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□プルーンに含まれる成分(ナイアシン)の効果があると思われるもの
肌荒れ・ニキビ / 薄毛(はげ) / 不眠症 / 二日酔い / 脳 / 糖尿病 / 精神安定 / ・・・もっと見る
□プルーンに含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□プルーンに含まれる成分(ビタミンE)の効果があると思われるもの
肝班 / 頭痛 / 爪 / 気管支喘息 / アルツハイマー / 白内障 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□プルーンに含まれる成分(ペクチン)の効果があると思われるもの
コレステロール / 糖尿病 / 動脈硬化 / 肥満 / 便秘 / 食欲不振 / ・・・もっと見る
■プルーンについてもっと調べる
下の検索フォームにプルーンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「プルーン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加