> 

インゲン豆に関する説明

インゲン豆

インゲン豆【概要】

  • インゲン豆には白いんげん等、色々な種類がある。
  • インゲン豆には多くの食物繊維が含まれている。
  • インゲン豆は煮豆や煮込みに最適。

インゲン豆は中南米が原産の野菜です。日本へは江戸時代・承応3年(1654年)に中国の帰化僧・隠元禅師が伝えたという由来により「インゲン豆」という名があります。

インゲン豆には赤インゲン豆、白インゲン豆、うずら豆等色々な種類があります。白いんげんの仲間は、とら豆・うずら豆・金時豆・白花豆・紫花豆・大手ぼう(あんの材料)などです。尚、さやいんげんはインゲン豆の一種の若いさやで、さやごと食することのできるインゲン豆です。

インゲン豆の栄養成分と効能・効果

インゲン豆の主成分は炭水化物とたんぱく質です。インゲン豆の種皮には食物繊維が多く含まれています。

食物繊維は、従来の日本人の、穀類・豆・海草・芋を多くとっていた食生活では不足しなかったのですが、食生活の欧米化により食物繊維の供給源となる食品が、食卓に登場しなくなりました。このころから生活習慣病もふえはじめています。食物繊維は便秘解消からガン予防まで幅広く効用のある成分です。

その他、インゲン豆にはビタミンB群が多く、またカルシウムも豊富です。インゲン豆はビタミンC以外の各栄養素をバランスよく含んだ豆です。

インゲン豆に期待される効能

動脈効果
高血圧
便秘
整腸作用
貧血

インゲン豆の主な栄養素(100g中含有量)

ビタミンB1 0.50mg
ビタミンB2 0.20mg
 6.0mg
食物繊維 19.3g

インゲン豆の調理のポイント

インゲン豆は煮ると種皮が柔らかくなるので、煮豆や煮込みに最適の豆です。3倍の水で一晩おいてもどし、豆が踊らないくらいの火加減で、ゆっくりゆでます。

白く煮たいときは、浮いてきた泡を除き2~3回、鍋肌から水を少しずつ入れ、ゆで汁をかえます。

インゲン豆は大豆などと異なり、組織が柔らかで煮豆にしても料理時間は少なくてすむため、水溶性のビタミンB1の損失は少ないところがいい食材です。もちろん、煮汁に浸出しているので、煮汁ごと食べる料理にするといいでしょう。

インゲン豆の選び方と保存

インゲン豆は粒がそろい、はりのある豆を選びます。インゲン豆を保存する時は密閉容器に入れるか、冷凍保存にしましょう。

インゲン豆に含まれる健康成分

インゲン豆に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□インゲン豆に含まれる成分(カルシウム)の効果があると思われるもの
胃酸過多 / わきが(腋臭) / 爪 / 妊娠 / 肩こり / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 歯 / ・・・もっと見る
□インゲン豆に含まれる成分(コバルト)の効果があると思われるもの
貧血 / 集中力を高める / 記憶力向上 / ・・・もっと見る
□インゲン豆に含まれる成分(食物繊維)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 食欲不振 / 健胃作用 / 免疫力強化 / 免疫力改善 / 整腸作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□インゲン豆に含まれる成分(たんぱく質)の効果があると思われるもの
B型肝炎 / 髪の毛 / バストアップ / 爪 / 抜け毛 / 免疫力強化 / 筋肉疲労 / ・・・もっと見る
□インゲン豆に含まれる成分()の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 成長促進作用 / 免疫力強化 / 疲労回復 / 貧血 / 冷え性 / 慢性疲労 / ・・・もっと見る
□インゲン豆に含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 口内炎 / 過敏性腸症候群(IBS) / 爪 / 白内障 / にきび(ニキビ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
□インゲン豆に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□インゲン豆に含まれる成分(フェニルアラニン)の効果があると思われるもの
関節痛 / うつ病 / 記憶力向上 / ・・・もっと見る
□インゲン豆に含まれる成分(レクチン)の効果があると思われるもの
免疫力強化 / ・・・もっと見る
■インゲン豆についてもっと調べる
下の検索フォームにインゲン豆について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「インゲン豆 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加