> 

アイブライトに関する説明

アイブライト

アイブライト【概要】

アイブライトとは眼の健康によいといわれるハープです。日本ではアイブライトをこごめ草と呼ばれています。

アイブライトはヨーロッパでは古くから主に眼の病気に対する民間療法として広く用いられています。

アイブライトに含まれる成分としては、タンニンサポニンパントテン酸イノシトールなどがあります。

アイブライトの主な効果・効能としては抗炎症血行促進、抗アレルギー殺菌作用などがあり、主な用途としては疲れ目花粉症白内障・緑内障の予防、改善の他、結膜炎やものもらいなどがあると考えられています。

アイブライトの使用方法としては内服と外用があります。内服の場合は他のハーブ同様、熱湯で煎じて飲みます。外用の場合点眼などがありますが、ドイツなどでは安全性や有用性の観点から認められていないようです。

アイブライトに含まれる健康成分

アイブライトに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□アイブライトに含まれる成分(イノシトール)の効果があると思われるもの
肝機能(肝臓) / 脂肪肝 / 肥満 / ・・・もっと見る
□アイブライトに含まれる成分(サポニン)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 薄毛(はげ) / 肥満 / 動脈硬化 / コレステロール / 抗酸化作用 / 血栓 / ・・・もっと見る
□アイブライトに含まれる成分(タンニン)の効果があると思われるもの
二日酔い / 抗酸化作用 / 殺菌作用 / 下痢 / ・・・もっと見る
□アイブライトに含まれる成分(パントテン酸(ビタミンB5))の効果があると思われるもの
風邪(かぜ) / ストレス / 疲労回復 / 薄毛(はげ) / ・・・もっと見る
■アイブライトについてもっと調べる
下の検索フォームにアイブライトについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「アイブライト 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加