> 

クランベリーに関する説明

クランベリー

クランベリー【概要】

クランベリーはもともと日本やヨーロッパ、北アメリカの寒冷地に自生するツルコケモモ科の小果樹で、サクランボのような赤色の実をつける植物。現在はアメリカにおいて品種改良が加えられ、広く栽培されている果実である。

クランベリーは古くから尿道炎や膀胱炎をはじめとする泌尿器系疾患に効果があることで知られ、アメリカ先住民の生薬としても用いられてきた。

尿路感染症の対策には酸性物質である馬尿酸が有効だといわれているが、クランベリーはそのもとになるキナ酸という成分を含んでいる。

キナ酸は肝臓で代謝されると馬尿酸に変化し、尿のpHバランスを正常に保つことで感染菌の増殖を抑制。老廃物の排出を助け、症状の改善を促すのである。

また、クランベリーの含有成分のひとつであるブドウ種子ポリフェノール、プロアントシアニジンには感染菌が尿管の上皮に付着するのを防止する作用があるはか、口内でも同様に抗菌効果を発揮し歯周炎のもとになる歯垢を防ぐ働きも期待できる。

クランベリー特有の赤い色素アントシアニンもポリフェノールの一種で、抗酸化作用が非常に強くコレステロール値の上昇を防ぐ効用も認められているため、心臓病の多いアメリカでは、民間療法として一般的に用いられることが多い。

さらに、クランベリーのビタミンC含有量はオレンジやアセロラよりも多く、壊血病や風邪の予防にも有効とされている。

クランベリーに含まれる健康成分

クランベリーに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□クランベリーに含まれる成分(アントシアニン)の効果があると思われるもの
ドライアイ / 動脈硬化 / 抗酸化作用 / 血栓 / 疲れ目(眼精疲労) / 視力 / ・・・もっと見る
□クランベリーに含まれる成分(エラグ酸)の効果があると思われるもの
美白 / シミ・くすみ・そばかす / 抗酸化作用 / ・・・もっと見る
□クランベリーに含まれる成分(カルシウム)の効果があると思われるもの
胃酸過多 / わきが(腋臭) / 爪 / 妊娠 / 肩こり / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 歯 / ・・・もっと見る
□クランベリーに含まれる成分(ケルセチン)の効果があると思われるもの
アレルギー疾患 / 動脈硬化 / 白内障 / 血行促進 / 血管強化 / 関節痛 / コレステロール / ・・・もっと見る
□クランベリーに含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□クランベリーに含まれる成分(ポリフェノール)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 二日酔い / 抗酸化作用 / 虫歯 / 糖尿病 / ガン(癌) / 動脈硬化 / ・・・もっと見る
■クランベリーについてもっと調べる
下の検索フォームにクランベリーについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「クランベリー 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加