> 

シャンピニオンに関する説明

シャンピニオン

シャンピニオン【概要】

シャンピニオンはバラタケ科のキノコで、英語名はマッシュルーム。現在、シャンピニオンは各国で栽培されており、世界中の食卓を賑わせている。

また、シャンピニオンは腸内異常発酵を抑止し、体臭・口臭などを防ぐ食べ物としてもよく知られている。

シャンピニオンに含まれる成分と効果・効能

シャンピニオンはキノコ類の中としては、タンパク質やミネラル類の含有量が最も多い。またビタミンB1、B2、ナイアシンなどのビタミンB群も多く含む。

特にビタミンB2は、5~6個で1日の必要量の4分の1を満たし、口内炎、口角炎、指のささくれ、フケの予防などに役立つ。

シャンピニオンに含まれるミネラル類では特にカリウムが豊富で、これもキノコ類の中でいちばん多いので、心臓や筋肉の働きを正常に保ち、高血圧の予防に効果があるとされている。

その他、シャンピニオンには体内でビタミンDに変わるエルゴステリンも含んでいるので、シイタケと同じく、コレステロールを取り除く効果も期待できる。

近年、特に注目されているのは、シャンピニオンの持つ消臭効果である。偏食や体調、加齢などによって、いわゆる腸内悪玉菌が増殖すると、腸内異常発酵による悪臭ガスが腸壁から吸収されて不快な体臭や口臭の原因になるはか、発生した有害物質が老化現象などの原因になると指摘されている。

シャンピニオンに含まれるシャンどこオンエキスは、この腸内異常発酵を抑制し、アンモニアやメルカブタン、硫化水素、インドール、スカトール、クレアチニンなどの腐敗成分が血中に吸収されるのを抑え、慢性腎不全や高アンモニア血症の進行を阻止する作用があることが報告されている。

このことから、病人介護の環境改善を目的にした、経口投与用のシャンピニオンエキス製品が開発されている。

シャンピニオンの食べ方・摂取方法

シャンピニオンは料理などに利用するはか、生でも食べられる。もちろん、缶詰より生のはうが効果が期待できる。

シャンピニオンエキスは、消臭効果のあるサプリメントとして市販されているので、利用するのも手。

その他にも、飲料や菓子、スープ、味噌汁などの一般食品、病院の総合栄養食、治療食品などとして幅広く利用されている。

シャンピニオンは腸内細菌のバランスを整えるとより効果的なので、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌などを積極的に摂ることがおすすめだ。

シャンピニオンに含まれる健康成分

シャンピニオンに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□シャンピニオンに含まれる成分(パントテン酸(ビタミンB5))の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 疲労回復 / ストレス / 風邪(かぜ) / ・・・もっと見る
□シャンピニオンに含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
夏バテ / 頭痛 / 視力 / 抜け毛 / 心筋梗塞 / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□シャンピニオンに含まれる成分(フラボノイド)の効果があると思われるもの
脳卒中 / 動脈硬化 / ストレス / 抗酸化作用 / 高血圧 / 血行促進 / 血管強化 / ・・・もっと見る
□シャンピニオンに含まれる成分(ポリフェノール)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 二日酔い / 抗酸化作用 / 虫歯 / 糖尿病 / ガン(癌) / 動脈硬化 / ・・・もっと見る
■シャンピニオンについてもっと調べる
下の検索フォームにシャンピニオンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「シャンピニオン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加