> 

ペポカボチャに関する説明

ペポカボチャ

ペポカボチャ【概要】

ペポカボチャはカボチャの種類の一つで、日本ではズッキーニの方がよく知られているかもしれません。というのもペポカボチャの中にもいくつか種類があり、その一つがズッキーニということになります。

日本でペポカボチャは明治以降に飼料用などの目的で導入されましたが、収穫後の調理など利用法が普及しなかったため、一部の地域でしか栽培は行われてきませんでした。しかし、ここ数年でズッキーニをはじめ、「そうめんカボチャ(金糸瓜)」などが広く栽培されるようになり、また調理法も紹介されてきたことから、ペポカボチャの人気も高まってきています。

ペポカボチャの栄養成分

ペポカボチャで特筆すべきはペポカボチャの種子エキスです。ペポカボチャ種子は栄養価が高く、良質なたんぱく質をはじめβカロチントコフェノールセレン植物ステロールリノール酸、リグナンなどがバランス良く豊富に含まれています。

ペポカボチャの効果・効能

ペポカボチャの種子エキスは、古くから頻尿尿漏れの自覚症状を改善する植物として珍重されており、また、薬用植物の研究が盛んなドイツでは排尿障害の治療薬としても知られています。

ペポカボチャに含まれる健康成分

ペポカボチャに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ペポカボチャに含まれる成分(植物ステロール)の効果があると思われるもの
脂質異常症 / 前立腺肥大症 / ・・・もっと見る
□ペポカボチャに含まれる成分(セレン・セレニウム)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 免疫力強化 / 動脈硬化 / 糖尿病 / 抗酸化作用 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□ペポカボチャに含まれる成分(トコフェロール)の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / アンチエイジング / 免疫力強化 / 痴呆症 / 脳 / 動脈硬化 / 糖尿病 / ・・・もっと見る
□ペポカボチャに含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
気管支喘息 / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 胃 / 風邪(かぜ) / 花粉症 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□ペポカボチャに含まれる成分(リノール酸)の効果があると思われるもの
高血圧 / コレステロール / 動脈硬化 / 痴呆症 / アンチエイジング / 十二指腸潰瘍 / 胃潰瘍 / ・・・もっと見る
■ペポカボチャについてもっと調べる
下の検索フォームにペポカボチャについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ペポカボチャ 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加