> 

かりんに関する説明

かりん

かりん【概要】

かりん(榠樝)は風邪の時に、いわゆるかりん酒などにして飲むことでよく知られる果物です。

かりんの効果・効能

かりんはバラ科に属する灌木の果実で、晩秋に黄熟します。かりんの成分としては、糖質、ビタミンC、リンゴ酸、クエン酸、タンニンなどが含まれています。

かりんは風邪の諸症状、咳止め、疲労回復などの効果が期待されます。

かりんの利用法

かりんはアルコール漬けや砂糖漬けにするのが一般的です。そのほか、かりんを薄く輪切りにして干したものを煎じたり、褐色の種子をアルコールに漬けたり加熱したりして、咳止めに利用する方法もあります。

かりんの摂取における注意点

かりんの果実は固く渋みが強いので、生食はできません。

かりんに含まれる健康成分

かりんに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□かりんに含まれる成分(クエン酸)の効果があると思われるもの
食欲不振 / 利尿作用 / ストレス / 肝臓 / 筋肉痛 / 肩こり / 食欲増進 / ・・・もっと見る
□かりんに含まれる成分(サポニン)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 薄毛(はげ) / 肥満 / 動脈硬化 / コレステロール / 抗酸化作用 / 血栓 / ・・・もっと見る
□かりんに含まれる成分(タンニン)の効果があると思われるもの
二日酔い / 抗酸化作用 / 殺菌作用 / 下痢 / ・・・もっと見る
□かりんに含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□かりんに含まれる成分(りんご酸 | リンゴ酸)の効果があると思われるもの
胃腸病 / 疲労回復 / 肉体疲労 / ・・・もっと見る
■かりんについてもっと調べる
下の検索フォームにかりんについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「かりん 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加