> 

ピーナッツに関する説明

ピーナッツ

ピーナッツ【概要】

ピーナッツはスタミナ食品、血が止まりにくい人に

ピーナッツの原産地はブラジルです。ピーナッツはコロンブスの時代に西アフリカなどに広まり、17世紀末には長崎に渡来したようです。

ピーナッツはたんぱく質と脂質が多く、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC、カルシウム、ナトリウム、リンも含まれます。ピーナッツはスタミナ食としてよく、ビタミンEも豊富ですが食べ過ぎると肥満を招きます。

また、炒ったピーナッツを食べ過ぎるとのぼせて鼻血を出すことがあります。茹でたピーナッツならのぼせることはありません。

鼻血が止まりににくい人、少しの傷でも出血しやすい人はピーナッツを一握り食べると効きます。糖尿病には、柔らかく茹でたピーナッツがよく、母乳が薄い人、冷え症、低血圧の人は、ピーナッツの皮と芯をとり豚足といっしょに炒め煮して食べると良いとされます。

ピーナッツに含まれる健康成分

ピーナッツに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ピーナッツに含まれる成分(コエンザイム Q10)の効果があると思われるもの
ダイエット / 免疫力強化 / 高血圧 / 美肌 / アンチエイジング / 肌荒れ・ニキビ / 抗酸化作用 / ・・・もっと見る
□ピーナッツに含まれる成分(ナイアシン)の効果があると思われるもの
肌荒れ・ニキビ / 薄毛(はげ) / 不眠症 / 二日酔い / 脳 / 糖尿病 / 精神安定 / ・・・もっと見る
□ピーナッツに含まれる成分(ニッケル)の効果があると思われるもの
□ピーナッツに含まれる成分(ビタミンF)の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / コレステロール / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□ピーナッツに含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
頭痛 / 視力 / 抜け毛 / 心筋梗塞 / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / 免疫力強化 / ・・・もっと見る
□ピーナッツに含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
頭痛 / 視力 / 足のしびれ / 肩こり / 脚気 / 肝臓 / 筋肉強化(筋力強化) / ・・・もっと見る
□ピーナッツに含まれる成分(マグネシウム)の効果があると思われるもの
胃酸過多 / 痛風 / 多汗症 / 食欲不振 / 骨盤 / ストレス / アンチエイジング / ・・・もっと見る
□ピーナッツに含まれる成分(リグニン)の効果があると思われるもの
整腸作用 / 善玉コレステロール / おなら / ・・・もっと見る
□ピーナッツに含まれる成分(リノール酸)の効果があると思われるもの
高血圧 / コレステロール / 動脈硬化 / 痴呆症 / アンチエイジング / 十二指腸潰瘍 / 胃潰瘍 / ・・・もっと見る
□ピーナッツに含まれる成分(レスベラトロール)の効果があると思われるもの
痴呆症 / 心筋梗塞 / 動脈硬化 / 脳卒中 / アンチエイジング / 糖尿病 / コレステロール / ・・・もっと見る
■ピーナッツについてもっと調べる
下の検索フォームにピーナッツについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ピーナッツ 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加