> 

イチョウ葉に関する説明

イチョウ葉

イチョウ葉【概要】

イチョウ葉は生命力が強く、2億年も前から存在するといわれている。

そのイチョウの葉を乾燥させてアルコールで成分を抽出したものがイチョウ葉エキスです。

イチョウ葉エキスは血行促進や痴呆の予防改善効果がある成分として知られている。

ドイツやフランスなどではイチョウ葉エキスが血流改善薬として認められており、脳梗塞などの脳血管障害、アルツハイマー病や脳血管性痴呆などの治療に利用されている。

イチョウ葉エキスの主成分はフラボノイドとギンコライド。

フラボノイドは30種類以上含まれており、ルチンをはじめとするこれらのフラボノイドは、強い抗酸化力で毛細血管を保護して強化する働きをもつ。

ギンコライドはイチョウ葉だけに含まれている物質で、血液の流れを良くし、血小板が固まるのを抑えて血栓ができにくくする。

また活性酸素が過酸化脂質を作るのを妨げて、脳細胞が死滅するのを防ぎ、アレルギーも改善する。

イチョウ葉に含まれる健康成分

イチョウ葉に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□イチョウ葉に含まれる成分(ギンコライド)の効果があると思われるもの
抗酸化作用 / 気管支喘息 / 動脈硬化 / 血行不良 / 血液サラサラ / 記憶力向上 / 認知症 / ・・・もっと見る
□イチョウ葉に含まれる成分(フラボノイド)の効果があると思われるもの
脳卒中 / 動脈硬化 / ストレス / 抗酸化作用 / 高血圧 / 血行促進 / 血管強化 / ・・・もっと見る
■イチョウ葉についてもっと調べる
下の検索フォームにイチョウ葉について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「イチョウ葉 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加