> 

エキナセアに関する説明

エキナセア

エキナセア【概要】

エキナセアは北米を原産地とする植物です。エキナセアはハーブとしてよく利用されます。ハーブとして利用される場合はエキナセアの開花時の地上部及び根を使います。エキナセアのハーブの効果としては免疫力強化により上気道感染症(つまり風邪)の予防・改善が期待できるとのことです。エキナセアの特長成分としてはフラボノイド・カフェ酸誘導体があります。

エキナセアは400年もの間、アメリカ先住民に万能薬として、特に歯痛、喉の痛み、風邪、伝染病などの治療に利用されてきたハーブです。エキナセアは19世紀末にドイツを中心に研究が進められ、免疫機能を刺激して感染症の治療に有効であることが確認されました。感染症の中でもエキナセアに効果が期待できることで有名なのは風邪とインフルエンザです。

プルプレア種のエキナセアから精製した多糖類はマクロファージを強く活性化します。活性化されたマクロファージからはインターロイキンなどの免疫物質が放出され、ウィルス感染などの異物を認識して攻撃するシステムを強化してくれます。風邪患者を対象とした複数の試験を解析した結果、エキナセア摂取群の風邪発症のリスクは58%低く、風邪の持続期間も1.4日短縮した報告があります。

エキナセアに含まれる健康成分

エキナセアに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□エキナセアに含まれる成分(フラボノイド)の効果があると思われるもの
脳卒中 / 動脈硬化 / ストレス / 抗酸化作用 / 高血圧 / 血行促進 / 血管強化 / ・・・もっと見る
■エキナセアについてもっと調べる
下の検索フォームにエキナセアについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「エキナセア 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加