> 

紅花油(ベニバナ油)に関する説明

紅花油(ベニバナ油)

紅花油(ベニバナ油)【概要】

紅花油(ベニバナ油)紅花の種子からとれる油です。

紅花油は不飽和脂肪酸のリノール酸が油脂類のなかで最も多く、血中コレステロール値を下げる効果が注目されている油です。ベニバナ油の主な原料はベニバナの種子です。ベニバナ油は酸化されやすく、揚げものには不向きです。ただ最近は品種改良でオレイン酸の多いベニバナが作られ、酸化されにくいベニバナが主流になっています。

[主な栄養素]
・脂質・・・100g
・リン・・・微量
・ビタミンE・・・27.6mg
ビタミンK・・・11μg

 エネルギー:921kcal(100g当たり)

紅花油(ベニバナ油)に含まれる健康成分

紅花油(ベニバナ油)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□紅花油(ベニバナ油)に含まれる成分(オレイン酸)の効果があると思われるもの
脂質異常症 / 動脈硬化 / 抗酸化作用 / 高血圧 / コレステロール / 痴呆症 / アンチエイジング / ・・・もっと見る
□紅花油(ベニバナ油)に含まれる成分(ビタミンE)の効果があると思われるもの
肝班 / 頭痛 / 爪 / 気管支喘息 / アルツハイマー / 白内障 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□紅花油(ベニバナ油)に含まれる成分(リノール酸)の効果があると思われるもの
高血圧 / コレステロール / 動脈硬化 / 痴呆症 / アンチエイジング / 十二指腸潰瘍 / 胃潰瘍 / ・・・もっと見る
■紅花油(ベニバナ油)についてもっと調べる
下の検索フォームに紅花油(ベニバナ油)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「紅花油(ベニバナ油) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加