> 

大豆油(ダイズ油)に関する説明

大豆油(ダイズ油)

大豆油(ダイズ油)【概要】

大豆油(ダイズ油)は世界で最も生産量が多い油です。大豆油(ダイズ油)の原料は大豆の種子です。日本では油分の多いアメリカ産大豆を原料にして大豆油(ダイズ油)を作ります。大豆油(ダイズ油)は骨の健康維持に有効なビタミンKの含有量は油脂類でトップです。大豆油(ダイズ油)はそのまま使われることは少なく、サラダ油や天ぷら油、マーガリン、マヨネーズの原料に使われることが多いです。

[大豆油(ダイズ油)の主な栄養素(可食部100g当たり)]
・脂質・・・100g
カリウム・・・微量
ビタミンE・・・19.5mg
・ビタミンK・・・210μg

 エネルギー:921kcal(100g当たり)

大豆油(ダイズ油)に含まれる健康成分

大豆油(ダイズ油)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□大豆油(ダイズ油)に含まれる成分(大豆レシチン)の効果があると思われるもの
脳 / 脳機能の活性化 / 記憶力向上 / コレステロール / ・・・もっと見る
■大豆油(ダイズ油)についてもっと調べる
下の検索フォームに大豆油(ダイズ油)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「大豆油(ダイズ油) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加