> 

ヤシ油に関する説明

ヤシ油

ヤシ油【概要】

ヤシ油はココヤシの核(コプラ)を原料とした油です。ヤシ油の色は淡黄色で、特有の甘い香りがあります。ヤシ油は植物性としては珍しく、飽和脂肪酸が多いので常温で固体です。ヤシ油は融点が24~27度と低いので、牛脂・ラードなどに比べて非常に口溶けがよく、お菓子やコーティング用として使われています。

ヤシ油は食用としてだけでなく、石鹸やシャンプー、リンスなどにも使われます。またヤシ油は自然は化粧品などにも利用されています。これはヤシ油が乾燥肌美肌に効果があったり、植物油の中でも泡立ちが良いことが要因としてあげられます。

[主な栄養素(可食部100g当たり)]
・脂質・・・100g
カルシウム・・・微量
亜鉛・・・微量
・ビタミンE・・・0.3mg
ビタミンK・・・微量

ヤシ油に含まれる健康成分

ヤシ油に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ヤシ油に含まれる成分(ビタミンE)の効果があると思われるもの
肝班 / 頭痛 / 爪 / 気管支喘息 / アルツハイマー / 白内障 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
■ヤシ油についてもっと調べる
下の検索フォームにヤシ油について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ヤシ油 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加