> 

ウコンに関する説明

ウコン

ウコン【概要】

ウコンはアジア原産のショウガ科の多年草である。一般的には、カレーに使われるターメリックといえばわかりやすいだろう。

ウコンは胃を丈夫にする生薬として古くから愛用されてきた。

ウコンは根茎の部分を煎じて飲用するが、布を黄色く染める染料としても有名である。

ウコンは中国から琉球王朝に伝えられ、現在でも日本では沖縄県が主要産地である。

ウコンの代表的な効果・効能は胆汁の分泌を促進して肝機能を改善する働きである。

ウコンは胆汁の分泌を促進したり、解毒作用を発揮することで肝臓の機能を助け、身体機能を改善することで近年大きな注目を集めた。これらの働きは、主成分であるクルクミンによるもということがわかっている。

ウコンに含まれる健康成分

ウコンに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ウコンに含まれる成分(クルクミン)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / 抗酸化作用 / 抗炎症作用 / ・・・もっと見る
■ウコンについてもっと調べる
下の検索フォームにウコンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ウコン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加