> 

ライムに関する説明

ライム

ライム【概要】

ライムは熱帯地域に生育する香酸柑橘です。ライムはレモンよりやや小ぶりですが、形はレモンにそっくりです。ライムの果皮は鮮やかな緑色で、さわやかな香りとものかな苦味があり、飲料や料理の香りづけとして利用されることが多いです。

レモンは温帯地方の柑橘類ですが、ライムは亜熱帯から熱帯地方の柑橘類です。ライムの原産地はインド北部からミャンマー、マレーシアです。ライムはアラブ人が地中海方面へ伝え、スペイン人やポルトガル人によりアメリカへ伝わり、栽培は地はメキシコ周辺まで広がりました。

ライムの9割ほどが疲労回復に効くクエン酸で、レモンより多く含んでいます。またライムには高血圧を予防するカリウムも、骨や歯を丈夫にするカルシウムやマグネシウムなども、レモンより豊富に含まれています。さらにライムにはビタミンCも多く、ウィルスへの抵抗力を高めるため、風邪などの感染症予防にも有効です。熱帯地域の産地では、ライムのジュースが壊血病予防に使われているといいます。


[ライムの選び方のポイント]
ライムは果皮の緑色が鮮やかで美しく、実が締まっているものを選ぶとよいです。また芳香を放っているライムを選ぶと良いです。


[ライムの保存方法]
ライムはポリ袋に入れて冷蔵庫へ入れると1週間くらいは日もちします。使いかけのライムは切り口にラップを密着させて覆い、冷蔵庫で保存しましょう。基本的には早めに使いきりましょう。


[ライムの種類と仲間]
●酸果ライム(サワーライム)
酸果ライム(サワーライム)は強い酸味をもつライムです。酸果ライム(サワーライム)の代表的品種は、メキシカンライムとタヒチライムです。メキシカンライムは30~50gと果実が小ぶり、タヒチライムは大ぶりです。一般に流通しているのはメキシカンライムです。
●甘果ライム
甘果ライムは酸味が少ないライムです。甘果ライムの代表品種はスイートライムです。


[ライムの主な栄養素(可食部100g当たり)]
・カリウム・・・160mg
・カルシウム・・・16mg
・マグネシウム・・・9mg
・ビタミンB1・・・0.03mg
・ビタミンC・・・33mg

 エネルギー:27kcal(100g当たり)


[ライムの主な生理機能成分(推定機能)]
●フラボノイド(抗酸化、抗ガン)
フラボノイドは色素成分で、ポリフェノールの一種です。フラボノイドはガンや老化を予防する働きがあります。またフラボノイドには高血圧、動脈硬化、脳卒中を予防したり利尿作用もあります。
●テルペン(自律神経調節)
テルペンは芳香成分です。テルペンは神経の興奮を鎮め、ストレスを解消する働きがあります。
●食物繊維(整腸、抗ガン、循環器疾患抑制)
食物繊維は腸内の善玉菌を活性化させます。食物繊維は便の量を増やし、腸内環境を整えます。また食物繊維はコレステロールを排出し動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病、ガンを予防する働きもあります。


[ライムの期待される効果・効能]
疲労回復 ガン抑制 動脈硬化予防 免疫力強化 リラックス効果 高血圧予防 血栓防止 利用作用

ライムに含まれる健康成分

ライムに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ライムに含まれる成分(テルペン)の効果があると思われるもの
高血圧 / 精神安定 / ストレス / ・・・もっと見る
□ライムに含まれる成分(フラボノイド)の効果があると思われるもの
脳卒中 / 動脈硬化 / ストレス / 抗酸化作用 / 高血圧 / 血行促進 / 血管強化 / ・・・もっと見る
■ライムについてもっと調べる
下の検索フォームにライムについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ライム 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加