> 

蜂の子(ハチノコ)に関する説明

蜂の子(ハチノコ)

蜂の子(ハチノコ)【概要】

蜂の子(ハチノコ)とは蜂の幼虫やサナギのことです。蜂の子(蜂の子)は重要な動物性たんぱく質の供給源として日本では昔から珍重されてきました。

蜂の子(蜂の子)は大和煮や甘露煮にしたり、油やバターで炒めて食べます。中国でも蜂の子(蜂の子)は昔から油で炒って食べられてきました。

昔は蜂の子(ハチノコ)を採るためにアカガエルを竹竿の先につけて立ち、蜂がそれをくわえて巣に持ち帰るのを追いかけて、蜂の巣を探したという話があります。蜂の子(ハチノコ)を食べる地方としては長野県が有名です。信州地方には炊き立てのご飯に蜂の子(ハチノコ)を混ぜて食べるという郷土料理があります。

蜂の子(蜂の子)はたんぱく質、脂質、炭水化物のほか、豚レバーに匹敵するほど鉄を多く含みます。また、蜂の子(蜂の子)にはセレンや亜鉛も豊富で、滋養強壮に効果を発揮します。ビタミンA・ビタミンB1ビタミンB2も蜂の子(蜂の子)には多く含まれています。蜂の子(蜂の子)の蜂の種類としてはクロスズメバチ、オオスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチと主に4種類ありますが、缶詰めや瓶詰めで市販されている蜂の子(ハチノコ)は主にクロスズメバチとミツバチのものです。クロスズメバチの餌は動物性たんぱく質、ミツバチの餌はローヤルゼリーや花粉であるため、蜂の子(蜂の子)の風味や栄養成分は多少異なります。


[蜂の子(蜂の子)の主な生理機能成分(推定機能)]
●セレン(抗ガン、抗老化)
ミネラルの一種。抗酸化作用があり、組織細胞の酸化を防止。発ガンを抑制し、老化を防止します。
●亜鉛(味覚機能維持)
ミネラルの一種。DHAやたんぱく質の合成に関与し、細胞分裂を活性化させて細胞の新生を促す。子どもの発育や成人の新陳代謝を促進。味覚や嗅覚を正常に維持します。

エネルギー:250kcal(100g当たり)


[蜂の子(蜂の子)の期待される効果・効能]
貧血改善 滋養強壮増強 味覚機能維持改善 ガン抑制 細胞老化防止

蜂の子(ハチノコ)に含まれる健康成分

蜂の子(ハチノコ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□蜂の子(ハチノコ)に含まれる成分(亜鉛)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 気管支喘息 / 加齢黄斑変性症 / 貧血 / 痴呆症 / 薄毛(はげ) / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□蜂の子(ハチノコ)に含まれる成分(セレン・セレニウム)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 免疫力強化 / 動脈硬化 / 糖尿病 / 抗酸化作用 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
■蜂の子(ハチノコ)についてもっと調べる
下の検索フォームに蜂の子(ハチノコ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「蜂の子(ハチノコ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加