> 

チョコレートに関する説明

チョコレート

チョコレート【概要】

チョコレートは当初、兵士の疲労回復のための飲料とされていました。それ以前のチョコレートのルーツとして中南米でカカオ飲料として親しまれ、大航海時代にスペインを経由してヨーロッパへ渡りました。チョコレートに砂糖を加えるようになって貴婦人の間に広まり、固形に加工されたチョコレートが出回ったのは19世紀のことです。

細胞を傷つけ、体をサビつかせる要因に活性酸素があります。チョコレートはその活性酸素を抑える抗酸化化物質のポリフェノールを多く含み、脂質の酸化を防止してコレステロール値を下げ、高血圧や動脈硬化、ガンの予防に効果を見込めます。

チョコレートにはリラックス効果を促すカフェインや、アルカロイドの一種であるテオブロミンも多く含むため、疲れたときに食べると効果的です。

チョコレートの原料であるカカオに含まれるココアパウダーはマグネシウムやカリウム、亜鉛、鉄などのミネラルが豊富です。チョコレートは優れた栄養食品といえますが、100g当たり557Kcalとエネルギーが高いため、食べすぎには注意が必要です。

チョコレートの種類と仲間

●ホワイトチョコレート
カカオバターに乳製品や砂糖などを加えて作る白色のチョコレート。
●生チョコレート
チョコレートと生クリームを混ぜた、溶けるようにやわらかいチョコレート。
●ミルクチョコレート
粉乳、乳化剤のレシチンなどを混ぜたもの。甘め。
●ホットチョコレート
ココアと似ているがこちらのほうが甘め。温めた牛乳とチョコレートを混ぜ合わせて作る。

チョコレートの保存方法

カカオバターは28度くらいで溶け始めるので、15~18度くらいの冷暗所で保存します。チョコレートを冷蔵庫で保存すると、出したときに急激な温度変化によって水滴がつき、水滴とともに砂糖が溶け出すので注意しましょう。乾くと砂糖が白くかたまり、味が落ちます。

チョコレートの保存方法の詳細はこちら

チョコレートの主な栄養素

カルシウム・・・240mg
マグネシウム・・・74mg
・・・2.4mg
亜鉛・・・1.6mg
・・・0.55mg

 エネルギー:557kcal

 ※可食部100g当たり/ミルクチョコレート

チョコレートの主な生理機能成分(推定機能)

ポリフェノール(抗酸化)
強い抗酸化作用があり、ガンを抑制します。
●テオブロミン(利尿、筋弛緩)
カカオ豆のアルカロイド。利尿作用。筋弛緩作用がある。血液の循環をよくし、冷えやむくみを改善、利尿を促進します。緊張をゆるめ、心身を安定させます。
カフェイン(中枢神経興奮)
茶、コーヒーなどにも含まれるアルカロイド。脳の中枢神経を興奮させ、眠気を誘引するアデノシンの働きを抑制します。疲労回復や脂肪分解作用もあります。
食物繊維(整腸、抗ガン、循環器疾患抑制)
コレステロールを排出し動脈硬化、糖尿病、ガンの予防が期待できます。

チョコレートの期待される効果・効能

動脈硬化予防
便秘改善
皮膚機能維持改善
細胞老化防止
ガン抑制
利尿促進
貧血改善

チョコレートに含まれる健康成分

チョコレートに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□チョコレートに含まれる成分(亜鉛)の効果があると思われるもの
痛風 / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 味覚障害 / 肝機能(肝臓) / 風邪(かぜ) / 花粉症 / ・・・もっと見る
□チョコレートに含まれる成分(カフェイン)の効果があると思われるもの
利尿作用 / 覚醒作用 / 痛風 / ・・・もっと見る
□チョコレートに含まれる成分(カルシウム)の効果があると思われるもの
胃酸過多 / わきが(腋臭) / 爪 / 妊娠 / 肩こり / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 歯 / ・・・もっと見る
□チョコレートに含まれる成分()の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 成長促進作用 / 免疫力強化 / 疲労回復 / 貧血 / 冷え性 / 慢性疲労 / ・・・もっと見る
□チョコレートに含まれる成分()の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 免疫力改善 / 貧血 / ・・・もっと見る
□チョコレートに含まれる成分(マグネシウム)の効果があると思われるもの
胃酸過多 / 痛風 / 多汗症 / 食欲不振 / 骨盤 / ストレス / アンチエイジング / ・・・もっと見る
■チョコレートについてもっと調べる
下の検索フォームにチョコレートについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「チョコレート 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加