> 

銀杏(ぎんなん)に関する説明

銀杏(ぎんなん)

銀杏(ぎんなん)【概要】

銀杏(ぎんなん)は夜尿症ぜんそくなどに

銀杏(ぎんなん)は茶わん蒸しなど、日本料理の彩りによく用いられます。銀杏(ぎんなん)は生命力の強いイチョウの実であり、滋養の高い食品です。銀杏(ぎんなん)にはたんぱく質、脂肪、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC、鉄分などが含まれています。

銀杏(ぎんなん)は尿意を抑え、淡を抑える働きがあるところから、夜尿症や喘息に効果があります。

銀杏(ぎんなん)の民間療法では銀杏(ぎんなん)の油漬けというのがあります。殻を割り、うす皮をむいた銀杏(ぎんなん)を洗わずにビンに入れゴマ油をヒタヒタになるまで入れます。銀杏(ぎんなん)の油漬けは百日たつと食べられますが、子どもなら一日一粒、大人でも四~五粒が限度、食べ過ぎると逆効果です。

中身の果実が柔らかくなる程度まで空炒りした銀杏(ぎんなん)を食べてもよく、これも五粒ぐらいにしておきます。

銀杏(ぎんなん)に含まれる健康成分

銀杏(ぎんなん)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□銀杏(ぎんなん)に含まれる成分(エルゴステリン)の効果があると思われるもの
骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□銀杏(ぎんなん)に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□銀杏(ぎんなん)に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□銀杏(ぎんなん)に含まれる成分(レシチン)の効果があると思われるもの
高脂血症(脂質異常症) / 動脈硬化 / 痴呆症 / コレステロール / ・・・もっと見る
■銀杏(ぎんなん)についてもっと調べる
下の検索フォームに銀杏(ぎんなん)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「銀杏(ぎんなん) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加