> 

わけぎに関する説明

わけぎ

わけぎ【概要】

わけぎは食欲増進、発汗・解熱、のどの痛みなどに

わけぎは分かれる葱ということから生まれた名前で、古くから栽培され、食用にされたものです。わけぎは小型の葉ねぎですが、ねぎとわけぎのちがいは、地上部に小球ができることです。わけぎは家庭でも簡単に栽培できるので、庭先やプランターなどに植えておくと重宝します。

わけぎは、カロチンやビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCなどを含みます。わけぎはねぎと同じく硫化アリルが含まれているので、栄養価があるだけでなく、特有の香りは食用にすれば、食欲を増し、食物の消化を助ける働きがあります。

風邪をひいて、熱があるときはわけぎの葉を刻んでしょうゆ汁をつくり、熱いうちに飲んで、早めに休むと、汗が出て熱が下がります。そのほか、のどがぜいぜいしたときに、刻んだわけぎの葉をガーゼにつつみ、首にまくとよいものです。

わけぎに含まれる健康成分

わけぎに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□わけぎに含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□わけぎに含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 口内炎 / 過敏性腸症候群(IBS) / 爪 / 白内障 / にきび(ニキビ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
□わけぎに含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□わけぎに含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
■わけぎについてもっと調べる
下の検索フォームにわけぎについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「わけぎ 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加