> 

へちま(ヘチマ)に関する説明

へちま(ヘチマ)

へちま(ヘチマ)【概要】

へちま(ヘチマ)は肌あれ、ひび、あかぎれ、しもやけなどに

へちま(ヘチマ)はインド原産で江戸時代に渡来し、絲瓜(いとうり)と呼ばれ、若い瓜を煮たり、漬けものにして珍重したようです。へちま(ヘチマ)の別名、絲瓜の意味は老熟すると繊維が多く糸が織られているようなので中国でつけられたものです。江戸時代の後期には、化粧水としてへちま(ヘチマ)の水がとられ、江戸城大奥の女中たちもさかんに使ったという記録が残されています。

へちま(ヘチマ)は9月上旬ころ、茎を地上50cmぐらいに切り、一升瓶に差し込んでおくと、一晩でへちま(ヘチマ)水が2リットル近くとれるので、これを煮沸ろ過し、グリセリンとエタノールを加え、香料を入れるとへちま(ヘチマ)水ができます。

へちま(ヘチマ)を湯上りに手や顔にぬると肌がうるおい、すべすべするほか、ひびやあかぎれ、しもやけにつけてもいよものです。これはへちま(ヘチマ)に含まれるサポニンの一種であるヘチマサポニンの効能と言われています。

へちま(ヘチマ)に含まれる健康成分

へちま(ヘチマ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□へちま(ヘチマ)に含まれる成分(サポニン)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 薄毛(はげ) / 肥満 / 動脈硬化 / コレステロール / 抗酸化作用 / 血栓 / ・・・もっと見る
■へちま(ヘチマ)についてもっと調べる
下の検索フォームにへちま(ヘチマ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「へちま(ヘチマ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加