> 

白菜に関する説明

白菜

白菜【概要】

白菜はアブラナ科植物のひとつで、漬物や鍋料理の代表的な食材です。

白菜の栄養成分と効果・効能

アブラナ科の植物には、グルコシノレートという物質が含まれています。グルコシノレートは、ピリッとした辛味成分のもととなります。

最近の研究で、肝臓の解毒作用を活性化させることがわかりました。そのため、アブラナ科の植物全般で、抗がん作用が期待されています。

白菜に含まれるグルコシノレートは少量ですが、加熱すれば一皮にたくさん食べられますし、調理方法が多様といった利点があります。

また、白菜には血圧を安定させるカリウムやビタミンCも含まれます。

白菜の選び方

白菜は葉先までしっかり巻いて、ずっしり重く、切り口がみずみずしいものがよいです。白菜の外葉は濃い線色のものや、断面を見て菜がつまっているものを選びましょう。

黒い斑点のある白菜は避けるか、調理前に取り除いたほうが無難です。

白菜に含まれる健康成分

白菜に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□白菜に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□白菜に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
■白菜についてもっと調べる
下の検索フォームに白菜について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「白菜 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加