> 

しょうが(生姜)に関する説明

しょうが(生姜)

しょうが(生姜)【概要】

しょうが(生姜)は健胃、かぜ、冷え症、神経痛、うち身などに

しょうが(生姜)は別名はじかみとも言い、しょうが(生姜)の塊茎の大きさによって、大しょうが(生姜)、中しょうが(生姜)、小しょうが(生姜)に分けられる。またしょうが(生姜)は用途によって芽しょうが(生姜)、葉しょうが(生姜)、根しょうが(生姜)などにも分けられます。

しょうが(生姜)はおすしにはガリ、日本料理や折り詰めには柄の赤い新しょうが(生姜)がつきものですし、肉や魚料理にはヒネしょうが(生姜)を刻んだり、すりおろしたりして使います。しょうが(生姜)の風味は辛味成分のジンゲロンや、ジンギベロールなどの精油成分によるものです。しょうが(生姜)には健胃作用があるほか、発汗、解熱、去痰(きょたん)、消炎、補温などの作用もあります。

昔から、しょうが(生姜)はかぜ、冷え症やリウマチ、神経痛によいとして広くしょうが(生姜)が利用されているのは、これら成分による効果です。かぜの初期には、ヒネしょうが(生姜)をすりおろし、きざんだネギ、削りぶしと、しょうゆ汁に入れ、熱いのを飲みます。

せきが出て困るときは、しょうが(生姜)をおろしてガーゼに伸ばし、のどにはるとよく効きます。
葉しょうが(生姜)は補温性浴料にします。

しょうが(生姜)に含まれる健康成分

しょうが(生姜)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□しょうが(生姜)に含まれる成分(シトラール)の効果があると思われるもの
抗菌・殺菌 / 殺菌作用 / 集中力を高める / ストレス / 精神安定 / リラックス / ・・・もっと見る
■しょうが(生姜)についてもっと調べる
下の検索フォームにしょうが(生姜)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「しょうが(生姜) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加