> 

さやえんどうに関する説明

さやえんどう

さやえんどう【概要】

さやえんどうはえんどうの若いさやごと食するもので、ヨーロッパ南部から地中海沿岸が原産地とされます。さやえんどうが日本に渡来したのは奈良時代で当時はさやえんどうのことをノラマメと呼ばれていたと言われます。

さやえんどうのサヤには、カロチンやビタミンCが、さやえんどうの種子にはリジンなどのアミノ酸が多く含まれるほか、さやえんどうには食物繊維もあるので便秘などに効果があると思われます。

さやえんどうを料理する場合は、さやえんどうの歯ざわりや風味を損なわないために加熱しすぎないようにしましょう。

さやえんどうに含まれる健康成分

さやえんどうに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□さやえんどうに含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□さやえんどうに含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
気管支喘息 / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 胃 / 風邪(かぜ) / 花粉症 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
■さやえんどうについてもっと調べる
下の検索フォームにさやえんどうについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「さやえんどう 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加