> 

かんぴょうに関する説明

かんぴょう

かんぴょう【概要】

かんぴょう(干瓢)の元はユウガオ(夕顔)ですが、同じ仲間のヒョウタンがくびれているのに対して、ウリが長形や丸形になります。かんぴょうはユウガオの果皮をうすく剥いで乾燥したもので、食べるには茹でて用います。

かんぴょうの原産地はエジプト、メキシコ、ペルーなどで、紀元前から原産地では栽培されていました。かんぴょうは日本にも縄文末期に渡米し、食用されたといわれます。かんぴょうは現在、栃木や茨城などで大々的に夕顔が栽培され、かんぴょうがつくられています。

かんぴょうは炭水化物やビタミンB2のほか、カルシウム、鉄などのミネラルを多く含みます。また、かんぴょうは食物繊維も多いので、便秘がちの人が食べると、通じがつきやすくなります。

かんぴょうに含まれる健康成分

かんぴょうに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□かんぴょうに含まれる成分()の効果があると思われるもの
髪の毛 / 血管強化 / 爪 / 慢性疲労 / 冷え性 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□かんぴょうに含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
夏バテ / 頭痛 / 視力 / 抜け毛 / 心筋梗塞 / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
■かんぴょうについてもっと調べる
下の検索フォームにかんぴょうについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「かんぴょう 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加