> 

チコリに関する説明

チコリ

チコリ【概要】

チコリはヨーロッパ原産のキク科植物で、ベルギーチコリとも呼ばれます。チコリは白菜のしんに似た紡錘形(ほうすいけい)で、葉は乳白色、葉先は淡黄色に色づきます。秋に掘ったチコリの株を土中に埋めて、早春に出た白い芽を食用にします。チコリはサクサクした歯ざわりで、「きくにがな」の別名があるとおり、ほろ苦い。また、チコリにはほのかな芳香があります。

チコリの芽を1枚ずつはがして、生でサラダに用いるほかに、バター炒めや蒸し煮などにも適します。チコリとはフランス語ではアンディーブなので、「エンダイブ」と混同されることが多い。

チコリに含まれる健康成分

チコリに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□チコリに含まれる成分(イヌリン)の効果があると思われるもの
高血圧 / 糖尿病 / 整腸作用 / 便秘 / ダイエット / ・・・もっと見る
■チコリについてもっと調べる
下の検索フォームにチコリについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「チコリ 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加