> 

たんぽぽ(タンポポ)に関する説明

たんぽぽ(タンポポ)

たんぽぽ(タンポポ)【概要】

たんぽぽ(タンポポ)はビタミン補給、胃のもたれなどに

たんぽぽ(タンポポ)はヨーロッパでは古くから、セイヨウたんぽぽ(タンポポ)の葉をサラダなどに入れて食用としています。日本には明治初期ごろに北海道へサラダ菜として導入したセイヨウたんぽぽ(タンポポ)が、今では在来のたんぽぽ(タンポポ)を圧倒して繁殖しています。

たんぽぽ(タンポポ)には、カントウたんぽぽ(タンポポ)とかエゾたんぽぽ(タンポポ)、シロバナたんぽぽ(タンポポ)など多くの種類がありますが、いずれも食用や薬用にできます。

たんぽぽ(タンポポ)は全草にタラクサシンという苦味のある成分が含まれているほか、葉にはビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC、ミネラルなどもあるので、たんぽぽ(タンポポ)の葉や花、根をサラダにして食べるとビタミン補給になるだけでなく、胃のもたれやつかえなどに効果があります。たんぽぽ(タンポポ)の花は、軽くゆがき、三杯酢にして食べると、苦味もありおいしいものです。変った食し方としてたんぽぽ(タンポポ)の根を刻んで干してから、火で軽くこがしたものに熱湯を注いで飲むと、コーヒーに似た味があります。

特に、食欲不振に薬用として用いるには、干したたんぽぽ(タンポポ)の根5~10gを水300ccで煎じて、食後三回にわけて飲みます。

たんぽぽ(タンポポ)に含まれる健康成分

たんぽぽ(タンポポ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□たんぽぽ(タンポポ)に含まれる成分(イヌリン)の効果があると思われるもの
高血圧 / 糖尿病 / 整腸作用 / 便秘 / ダイエット / ・・・もっと見る
□たんぽぽ(タンポポ)に含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
夏バテ / 頭痛 / 視力 / 抜け毛 / 心筋梗塞 / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□たんぽぽ(タンポポ)に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□たんぽぽ(タンポポ)に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
■たんぽぽ(タンポポ)についてもっと調べる
下の検索フォームにたんぽぽ(タンポポ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「たんぽぽ(タンポポ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加