> 

湯葉(ゆば)に関する説明

湯葉(ゆば)

湯葉(ゆば)【概要】

湯葉(ゆば)とは濃いめの豆乳を加熱し、表面にできるたんぱく質の膜をすくい取ったものを言います。さらに湯葉(ゆば)を天日乾燥させたものを干し湯葉といいます。乾燥させない湯葉(ゆば)を生湯葉とも言います。湯葉(ゆば)を作る際残った液を加熱すると、5~6回膜ができますが最初のものが色も薄く、光沢があり、品質がよいとされます。高たんぱく質、高脂質で消化のよい食品ですが、やや値段が高いとされます。京都や日光の湯葉(ゆば)はみやげ物として有名です。

湯葉(ゆば)は干し湯葉(ゆば)が1枚10g程度で生湯葉(ゆば)ですと1枚30g程度です。

干し湯葉(ゆば)は、水でもどして(約3倍になります)煮物や汁の実にするとよいです。湯葉(ゆば)は煮すぎないことがコツです。

湯葉(ゆば)に含まれる健康成分

湯葉(ゆば)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□湯葉(ゆば)に含まれる成分(たんぱく質)の効果があると思われるもの
B型肝炎 / 髪の毛 / バストアップ / 爪 / 抜け毛 / 免疫力強化 / 筋肉疲労 / ・・・もっと見る
□湯葉(ゆば)に含まれる成分()の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 成長促進作用 / 免疫力強化 / 疲労回復 / 貧血 / 冷え性 / 慢性疲労 / ・・・もっと見る
■湯葉(ゆば)についてもっと調べる
下の検索フォームに湯葉(ゆば)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「湯葉(ゆば) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加