> 

カリフラワーに関する説明

カリフラワー

カリフラワー【概要】

カリフラワーはキャベツの一種で、花野菜、花キャベツとも呼ばれます。カリフラワーはブロッコリーと同様、花菅を食べます。

カリフラワーは白いものが一般的ですが、品種改良でオレンジ色や紫色(ゆでると線色になる)のものもつくられています。

カリフラワーの栄養成分と効果・効能

カリフラワーはブロッコリーと同じように、抗がん作用が期待されています。

また、カリフラワーはビタミンCを多く含みます。ビタミンCは抗酸化作用が強く、活性酸素からからだを守り、老化予防、抗がん作用、免疫力をアップする作用があると言われています。さらに、ビタミンCは皮膚や骨をつくるのに必要な、コラーゲンの合成に欠かせないビタミンです。

カリフラワーの料理方法・調理ポイント

カリフラワー新鮮なものは生で食べても甘くておいしい

新鮮なカリフラワーは生でも食べられますが、下ゆでして食べることが多いです。下ゆでのときには、塩や小麦粉を加えたり(早くゆで上がる)、酢やレモンを加えたり(色がきれいになる)します。

カリフラワーの選び方

花菅がかたく、変色していないものを選びましょう。

カリフラワーの保存方法

カリフラワーは20度以上で保存するとつぼみが開くので、ラップをして冷蔵庫で保存しましょう。

カリフラワーに含まれる健康成分

カリフラワーに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□カリフラワーに含まれる成分(イソチオシアネート)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / 胃潰瘍 / ・・・もっと見る
□カリフラワーに含まれる成分(スルフォラファン)の効果があると思われるもの
解毒作用 / 抗酸化作用 / ストレス / ガン(癌) / ・・・もっと見る
■カリフラワーについてもっと調べる
下の検索フォームにカリフラワーについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「カリフラワー 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加