> 

大根(だいこん)に関する説明

大根(だいこん)

大根(だいこん)【概要】

大根(だいこん)はおろして薬味にしたり、さしみのつま、煮物、酢の物、みそ汁の具など、いろいろな調理に向いています。

大根は葉や皮まで、まるごと食べられるのも魅力です。ちなみに大根の葉やかいわれ大根(大根の芽)は、緑黄色野菜の一種です。

大根(だいこん)の栄養成分と効果・効能

大根(だいこん)には消化を助ける酵素が多く含まれている

大根はビタミンやミネラルは、それほど多く含まれているわけではありません。ほとんどが水分です。

ただ、大根にはアミラーゼ、オキシターゼといった消化を助ける酵素が含まれています。そのため、食べすぎによる胃もたれや胸やけを解消すると言われています。

大根の葉の部分には、カロテン、ビタミンE、ビタミンC、カルシウム、カリウム、鉄などが多く含まれています。

その為、大根は骨粗しょう症や貧血の予防にいいとされています。

大根(だいこん)の選び方

大根を選ぶ際は、大根の表面がみずみずしく、きずのないものを選びましょう。ピンとした葉がついた大根は新鮮です。

大根(だいこん)に含まれる健康成分

大根(だいこん)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□大根(だいこん)に含まれる成分(イソチオシアネート)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / 胃潰瘍 / ・・・もっと見る
□大根(だいこん)に含まれる成分(グルコシノレート)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / アレルギー疾患 / 花粉症 / ・・・もっと見る
□大根(だいこん)に含まれる成分(ジアスターゼ(アミラーゼ))の効果があると思われるもの
胃酸過多 / 胃 / 消化不良 / 食欲増進 / 胸やけ / ・・・もっと見る
□大根(だいこん)に含まれる成分(スルフォラファン)の効果があると思われるもの
解毒作用 / 抗酸化作用 / ストレス / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□大根(だいこん)に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
■大根(だいこん)についてもっと調べる
下の検索フォームに大根(だいこん)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「大根(だいこん) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加