> 

かぼちゃ(南瓜)に関する説明

かぼちゃ(南瓜)

かぼちゃ(南瓜)【概要】

かぼちゃ(南瓜)には日本産の日本かぼちゃと海外が産地の西洋かぼちゃがあります。

現在、一般的に流通しているのは西洋かぼちゃです。西洋かぼちゃは甘味が強く、煮物、揚げ物、スープなどに利用されます。日本かぼちゃは甘味が少なく、ねっとりした肉質が特徴です。

かぼちゃ(南瓜)の選び方

かぼちゃはずっしりと重く、茎の部分が乾燥しているものを選びましょう。カットしてあるかぼちゃは、果肉の色が濃く、種やワタがくずれていないものがよいです。

かぼちゃ(南瓜)の栄養成分と効果・効能

かぼちゃは豊富なカロテンと高エネルギーが特徴

かぼちゃはほかの野菜に比べ、エネルギー量が非常に高くなっています。いも類と同程度で、ビタミンだけでなくエネルギーの供給源となります。

かぼちゃにはカロテン、ビタミンC、カリウム、食物繊維なども多いため、栄養バランスのとれたエネルギー源となります。

一般的にかぼちゃは高血圧、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)などの人に適した食材と言えるでしょう。

かぼちゃ(南瓜)に含まれる健康成分

かぼちゃ(南瓜)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(α-カロチン)の効果があると思われるもの
抗酸化作用 / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(カボチャ種子エキス)の効果があると思われるもの
前立腺肥大症 / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(カリウム)の効果があると思われるもの
痛風 / 食欲不振 / 脳卒中 / 高血圧 / 糖尿病 / 利尿作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(カロテノイド)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 抗酸化作用 / アンチエイジング / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(ケイ素(珪素))の効果があると思われるもの
骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 動脈硬化 / 抜け毛 / 爪 / 歯 / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(ニッケル)の効果があると思われるもの
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(ビタミンE)の効果があると思われるもの
肝班 / 頭痛 / 爪 / 気管支喘息 / アルツハイマー / 白内障 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
気管支喘息 / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 胃 / 風邪(かぜ) / 花粉症 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
■かぼちゃ(南瓜)についてもっと調べる
下の検索フォームにかぼちゃ(南瓜)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「かぼちゃ(南瓜) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加