> 

パンに関する説明

パン

パン【概要】

  • パンは小麦粉やライ麦粉を原料に作られる。
  • パンは炭水化物の供給源という意味で主食に適している。
  • パンは世界中で作られており種類も非常に多い。

パンは小麦粉やライ麦粉を原料に、いくつかの材料を加えてこねた生地を焼き上げたものです。多くのパンにはイースト(酵母)が加えられ発酵した後に焼き上げられます。

パンは元々ポルトガル語ですが、欧米ではパンが最もポピュラーな主食とされています。パンの歴史も古く紀元前3000年の古代エジプト時代には盛んに作られていたと言われます。

パンの栄養成分

パンは小麦粉を主体に作られているため、エネルギー源としては有効ですが栄養価はそれほど高くありません。それでも、主食としてはお米や麺類と比べるとたんぱく質、脂質、カルシウム、などが比較的多く含まれています。

また、食パンなどは製造過程で乳製品が含まれている場合も多く、それによって栄養価が増すことがあります。

尚、厚生省と農林水産省が作成した食事バランスガイドによるとパンは炭水化物の供給源として例にあげられており、炭水化物を食パンだけに頼る場合は1日に5~7枚食べることが推奨されています。

主なパンの種類

パンは世界中で作られており、またその種類も多種多様にあります。以下は最も代表的なパンの種類です。

●食パン
最もポピュラーな四角いパン。小麦粉の強力粉とイースト(酵母)、塩、砂糖から作られるパン。多くの場合、牛乳が加えられている。

●フランスパン
フランスのパリ発祥のパンの総称。小麦粉の強力粉・中力粉、塩、イーストを材料に作られる硬めパン。

●ライ麦パン
黒パンとも言われるパン。ライ麦に強力粉を加え、低温で長時間かけて焼き上げられたパン。

●ロールパン
パターロールとも言われるパン。強力粉に粉乳、バター、卵などを加えて焼き上げたパン。

●クロワッサン
サクサクした食感と甘味が特徴のフランス発症のパン。発酵生地にバターをたたみ込んだものを三日月形に整形して焼き上げたパン。

●ナン
インドや中東で食べられるパン。精製した小麦粉を発酵させ、生地を丸め、手のひらで薄くのばして焼き上げたパン。カレーと一緒に食べることが多い。

パンに含まれる健康成分

パンに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□パンに含まれる成分(グルテン)の効果があると思われるもの
□パンに含まれる成分(グルテンペプチド)の効果があると思われるもの
鎮痛作用 / 食欲増進 / 血圧を下げる(血圧降下作用) / ・・・もっと見る
□パンに含まれる成分(ブドウ糖(グルコース))の効果があると思われるもの
痴呆症 / 脳 / 脳機能の活性化 / ・・・もっと見る
■パンについてもっと調べる
下の検索フォームにパンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「パン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加