> 

ピーマンに関する説明

ピーマン

ピーマン【概要】

ピーマンという名前はフランス語から来ています。フランス語で「ピマン」はとうがらしを意味します。つまりピーマンは大型で辛味のないとうがらしなのです。

日本では緑色のピーマンが主流ですが、最近では赤、黄色、オレンジなどのカラーピーマンも出回っています。

ピーマンの栄養成分と効果・効能

ピーマンは色によって含まれる栄養素の種類が異なる

緑ピーマンはカロテンの量はそれほどないのですが、調理方法が多く、一度にたくさん食べられるので緑黄色野菜に分類されています。

カロテンの量が多くはないといっても、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEという抗酸化作用の強いビタミンを含みます。

緑ピーマンが熟した赤ピーマンは、その2~3倍で、なかでもビタミンCはレモンの2倍近くなっています。

その他にピーマンのにおい成分は、血液をかたまりにくくする作用があるとされます。

ピーマンの料理方法・調理ポイント

緑ピーマンは独特の匂いがありますが、妙め物、煮込み料理などに利用されます。

カラーピーマンは緑ピーマンに比べて甘味が強く、においが少ないのでサラダなどに使われます。

ピーマンに含まれる健康成分

ピーマンに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ピーマンに含まれる成分(オスモチン)の効果があると思われるもの
メタボリック・シンドローム / 動脈硬化 / 高血圧 / 糖尿病 / ・・・もっと見る
□ピーマンに含まれる成分(クロロフィル)の効果があると思われるもの
口臭 / 整腸作用 / 解毒作用 / 貧血 / コレステロール / おなら / ・・・もっと見る
□ピーマンに含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□ピーマンに含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
夏バテ / 頭痛 / 視力 / 抜け毛 / 心筋梗塞 / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□ピーマンに含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□ピーマンに含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□ピーマンに含まれる成分(ルテオリン)の効果があると思われるもの
シミ・くすみ・そばかす / アトピー性皮膚炎 / アレルギー疾患 / 花粉症 / 抗酸化作用 / 免疫力強化 / ・・・もっと見る
■ピーマンについてもっと調べる
下の検索フォームにピーマンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ピーマン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加