> 

黒豆(黒大豆)に関する説明

黒豆(黒大豆)

黒豆(黒大豆)【概要】

黒豆(黒大豆)は皮が黒い豆で、大豆の一種です。

黒豆(黒大豆)の黒い皮の色素にはアントシアニンという成分が含まれている。アントシアニンはブルーベリーに多く含まれることでも知られているが、目の健康維持に働く物質です。

さらに黒大豆に含まれるレシチンやサポニンも血中コレステロールを下げたり、中性脂肪を抑える働きをするので、アントシアニンとの相乗効果で血流の改善に働く。

黒大豆は成分からみてもバランスがよく、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルやビタミン類が豊富に含まれている。

黒豆(黒大豆)に含まれる健康成分

黒豆(黒大豆)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□黒豆(黒大豆)に含まれる成分(アントシアニン)の効果があると思われるもの
ドライアイ / 動脈硬化 / 抗酸化作用 / 血栓 / 疲れ目(眼精疲労) / 視力 / ・・・もっと見る
□黒豆(黒大豆)に含まれる成分(クロマニン)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 疲れ目(眼精疲労) / 美白 / ・・・もっと見る
□黒豆(黒大豆)に含まれる成分(サポニン)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 薄毛(はげ) / 肥満 / 動脈硬化 / コレステロール / 抗酸化作用 / 血栓 / ・・・もっと見る
□黒豆(黒大豆)に含まれる成分(リノール酸)の効果があると思われるもの
高血圧 / コレステロール / 動脈硬化 / 痴呆症 / アンチエイジング / 十二指腸潰瘍 / 胃潰瘍 / ・・・もっと見る
■黒豆(黒大豆)についてもっと調べる
下の検索フォームに黒豆(黒大豆)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「黒豆(黒大豆) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加