> 

大豆油に関する説明

大豆油

大豆油【概要】

大豆油は主に黄大豆の種子から抽出された油のことを指します。大豆油は淡黄色で臭みもなく、味もくせがないので、食用油として最も多量に消費されます。大豆油をはじめとする主な油用大豆の産出国はアメリカ、ブラジル、中国です。油用大豆とはJAS(日本農林規格)により大豆油、大豆特性油、大豆白絞(しらしめ)油、大豆サラダ油の4種類に区別されているものをいいます。

油用大豆の栄養分としてはオレイン酸、リノール酸などを多く含みます。

大豆油に含まれる健康成分

大豆油に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□大豆油に含まれる成分(α-リノレン酸)の効果があると思われるもの
髪の毛 / アレルギー疾患 / ガン(癌) / アトピー性皮膚炎 / 動脈硬化 / 高血圧 / 善玉コレステロール / ・・・もっと見る
□大豆油に含まれる成分(植物ステロール)の効果があると思われるもの
脂質異常症 / 前立腺肥大症 / ・・・もっと見る
■大豆油についてもっと調べる
下の検索フォームに大豆油について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「大豆油 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加