> 

なたね油に関する説明

なたね油

なたね油【概要】

なたね油はあぶらなの種子から採油した油のことです。現在はなたね油をほぼ食用として利用しますが江戸時代では<行燈>の代表的な燃料でした。

なたね油はてんぷら油およびサラダ油として、大豆油に次ぎ消費量が多い油です。なたね油として近年出回っているキャノーラ油は、カナダ産のなたねを使用したものです。

なたね油はマヨネーズやドレッシング、天ぷら油としても利用されます。

なたね油に含まれる健康成分

なたね油に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□なたね油に含まれる成分(α-リノレン酸)の効果があると思われるもの
髪の毛 / アレルギー疾患 / ガン(癌) / アトピー性皮膚炎 / 動脈硬化 / 高血圧 / 善玉コレステロール / ・・・もっと見る
□なたね油に含まれる成分(植物ステロール)の効果があると思われるもの
脂質異常症 / 前立腺肥大症 / ・・・もっと見る
■なたね油についてもっと調べる
下の検索フォームになたね油について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「なたね油 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加