> 

いちご(苺:イチゴ)に関する説明

いちご(苺:イチゴ)

いちご(苺:イチゴ)【概要】

いちご(苺:イチゴ)は食欲増進、冷え症、貧血症、栄養補給などに

現在、食用とされているいちご(苺:イチゴ)は、18世紀に北アメリカのバージニアイチゴと南アメリカのチリイチゴを交配して作られた(原種)とされています。日本にいちご(苺:イチゴ)は天保年間(1840年ころ)にオランダからもたらされたので、オランダイチゴとかクサイチゴと呼ばれていました。戦後いちご(苺:イチゴ)は、日本独特の甘味の強い宝交やダナーがつくられ、人々に喜ばれています。

いちご(苺:イチゴ)を食用とするのは、果托(かたく:花床)が肥大したもです。いちご(苺:イチゴ)は香りもよく、糖分(ブドウ糖など)、有機酸(リンゴ酸など)が多く含まれています。その他、いちご(苺:イチゴ)にはビタミンCが100g中80mgも含まれているので、生食すればおいしいだけでなく栄養補給にはすぐれた果実です。

新鮮ないちご(苺:イチゴ)200gに砂糖を加え、35度の焼酎0.9リットルに漬けて、一ヶ月ほどおいたイチゴ酒は、色も鮮やかで香りもよく、食前酒とすれば食欲を増し、冷え症や貧血症などによいとされます。

いちご(苺:イチゴ)に含まれる健康成分

いちご(苺:イチゴ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□いちご(苺:イチゴ)に含まれる成分(エラグ酸)の効果があると思われるもの
美白 / シミ・くすみ・そばかす / 抗酸化作用 / ・・・もっと見る
□いちご(苺:イチゴ)に含まれる成分(食物繊維)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 食欲不振 / 健胃作用 / 免疫力強化 / 免疫力改善 / 整腸作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□いちご(苺:イチゴ)に含まれる成分(ハイドロキノン)の効果があると思われるもの
シミ・くすみ・そばかす / 美白 / 美肌 / 肝班 / ・・・もっと見る
□いちご(苺:イチゴ)に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□いちご(苺:イチゴ)に含まれる成分(ペクチン)の効果があると思われるもの
コレステロール / 糖尿病 / 動脈硬化 / 肥満 / 便秘 / 食欲不振 / ・・・もっと見る
■いちご(苺:イチゴ)についてもっと調べる
下の検索フォームにいちご(苺:イチゴ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「いちご(苺:イチゴ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加