> 

しいたけ(椎茸)に関する説明

しいたけ(椎茸)

しいたけ(椎茸)【概要】

しいたけ(椎茸)には生しいたけ(生椎茸)と干ししいたけ(干し椎茸)がある。

生しいたけ(椎茸)にはビタミンB1,ビタミンB2が多く、紫外線によってビタミンDに変わるエルゴステリン(エルゴステロール)も多く含まれています。生しいたけ(椎茸)から摂取できるビタミンDは骨をつくるのに重要なビタミンで、不足すると子どもではクル病、成人・老人では骨粗しょう症(骨粗鬆症)になります。干ししいたけ(椎茸)にはそのままビタミンDが含まれています。

しいたけ(椎茸)にはアミノ酸の一種であるエリタデニンが含まれており、これが血中コレステロールを体外に排泄する働きが確認されており、高血圧に効果が期待できるとされています。しいたけ(椎茸)に含まれるβグルカンは免疫活性抗腫瘍性、、感染予防などが期待できるといわれています。また、しいたけ(椎茸)に含まれているレンチナンという成分は、リンパ球やナチュラルキラー細胞(NK細胞)等の活性力を高める働きがあります。さらにしいたけ(椎茸)の抽出物が、インフルエンザウィルスに強い抗活性を示すことも発見されています。これはしいたけ(椎茸)の胞子中の、ある物質が体内でインターフェロン(ウイルス不活化物質)を作るからと言われています。このしいたけ(椎茸)から作られるインターフェロンやレシチンによりしいたけ(椎茸)はガン(癌)細胞の増殖抑制に効果的と言われています。

しいたけ(椎茸)は色艶がよく肉厚で、形が整ったものを選びましょう。またしいたけ(椎茸)は傘が開きすぎると味が落ちるので七分開きぐらいのものが良いです。

しいたけ(椎茸)に含まれる健康成分

しいたけ(椎茸)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□しいたけ(椎茸)に含まれる成分(エリタデニン)の効果があると思われるもの
コレステロール / 高脂血症(脂質異常症) / ・・・もっと見る
□しいたけ(椎茸)に含まれる成分(エルゴステリン)の効果があると思われるもの
骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ガン(癌) / ・・・もっと見る
■しいたけ(椎茸)についてもっと調べる
下の検索フォームにしいたけ(椎茸)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「しいたけ(椎茸) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加